パリの街が巨大なダンスフロアに!《テクノパレード》明日9月28日開催

2019.09.27
Download PDF

Par Rog01 — Techno Parade Paris 2012Uploaded by paris 17, CC BY-SA 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=23037715

9月27日(金)、パリの秋の風物詩としてすっかり定着したテクノミュージックの祭典《テクノパレード》(Techno Parade)が、明日28日に開催されます。今年で21回目を迎えます。

 

1998年に初開催、パリの一大イベントへ

《テクノパレード》がパリで初めて開催されたのは、今から21年前の1998年です。後にフランス最大のミュージックイベントとなるこのテクノパレードは、巨大なサウンドシステムやダンサー達を乗せた36台のトラックでスタートし、20万人を動員しました。主催者はテクノポル(Technopol)という非営利団体です。

DJとスピーカーを乗せたフロート車(山車)の移動にあわせ、人々が踊りながら街中を練歩くベルリンの《ラブパレード》(Love Parade)を見た元文化大臣(Ministre de la Culture)のジャック・ラング(Jack Lang)氏がフランスでの開催を奨励したことから、パリの一大イベントに発展しました。

《テクノパレード》の動員数は2015年には過去最高に達し、動くサウンドシステムと化した10台のトラックと60人のDJが、フランス各地および世界中から来た40万人のダンスフリークを熱狂させました。

 

2019年の《テクノパレード》、ルーブル美術館前からイタリー広場へ

明日9月28日(土)12時にルーブル美術館(Musée du Louvre)前のセーヌ河岸からスタートし、セーヌ川沿いを練歩き、オーステルリッツ駅(Gare d’Austerlitz)付近からセーヌ川の南側のパリ左岸を通ります。

毎年バスティーユ広場(Place de la Bastille)が終点だったパレードですが、今年は工事中のため、イタリア広場(Place d’Italie)が巨大なダンスフロアーと化します。

パレードは、フランソワ・ミッテラン河岸通り(Quai François Mitterrand)を出発し、ルーブル河岸通り(Quai du Louvre)などセーヌ川沿いの道路を東に向かって進みます。パリ市庁舎前のオテル・ドゥ・ヴィル河岸通り(Quai de l’Hôtel de ville)を通り過ぎ、モルラン大通り(Boulevard Morland)をさらに東に進んだ後、オーステルリッツ橋(Pont d’Austerlitz)を通って左岸に向かいます。そして、ロピタル大通り(Boulevard de l’Hôpital)を抜け、終点イタリア広場に到着する予定です。パレードは19時終了予定です。

テクノパレードのオフィシャルサイトはこちら

執筆:マダム・カトウ
※写真はウィキペディアフランスより
オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン