「気を遣わなくて良かったのに」フランス語では?

2017.06.04
Download PDF
 気を使わないで

今回の一言フランス語は、気を遣わなくて良かったのに〜!訪ねてきてくれたお友達がお土産や花束をくれたとき、日本人の私たちなら自然に出してしまう一言ですよね?もちろんその後にお礼を言うのは欠かせませんが。

 

フランスにもある「遠慮の表現」

花束のプレゼント

そういう遠慮の一言って、フランスにも存在するの?と思われた方は多いと思います。だって自分を卑下したり、相手に気を遣いすぎるという印象はあまり無いですよね。でも存在するんです。私も最初聞いたときは驚きました!その方は女性で、とても気配りが細やかな性格の人なので、彼女だけが言うのかと思ったのですが、実は一般的でした。

さあもったいぶらずにフランス語ではどう言うのでしょう?「気を遣う」なんて、まさに日本特有の言い方ですもんね。一語一句を訳さずに意味だけを拾ってフランス語にすると・・・とーっても簡単!正解は・・・

Il ne fallait pas !(イルヌファレパ)

あれです、非人称構文の “il faut …“の半過去否定形で、直訳は「必要は無かった」→「よかったのに」となります。文自体も発音も、すごく簡単でしょう?もちろんフランス人全員が言うわけではありませんが、こんな感じで使われます。

Il ne fallait pas ! Mais merci, c’est gentil .

後半のMerciは大事ですね。

 

あとがき

誰かに差し入れやお土産をプレゼントされたら、ぜひ言ってみましょう(笑顔はキープですよ)!

執筆 Miwa

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン