マクロン大統領、フィリップ首相と共に支持率が急降下

2017.07.24
Download PDF

JDD、ジュルナル・デュ・ディモンシュ(le Journal du Dimanche)紙が、7月17日~22日の間におこなった世論調査によると、エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領の支持率が6月に比べて、10%も下落したことが明らかになりました。

今回の調査では、「やや満足」が47%、「とても満足」が7%で、合計で54%と半数以上の人がマクロン大統領を支持しています。しかし、6月におこなわれた調査では「やや満足」「とても満足」合わせて64%の支持を集めていたことを考えると、急激な下落と言えます。また、「やや不満」は28%(6月は23%)、「とても不満」は15%(6月は12%)と合計が43%で、6月の35%に比べて、8%も増加しています。

同様にエドゥアール・フィリップ(Edouard Philippe)首相の支持率も「やや満足」「とても満足」の合計が56%で、前月の64%から8%下落しました。

今回の世論調査は、18歳以上の1947名を対象に、電話とインターネット上で行われました。

執筆:Daisuke

 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン