ヴィレット貯水池に屋外プールが出現! パリ

2017.07.19
Download PDF

17日(月)午後、パリ19区にあるヴィレット貯水池(Bassin de la Villette)の南岸に三つの屋外プールがお目見えし、アンヌ・ヒダルゴ (Anne Hidalgo)パリ市長によって開場宣言されました。

水深はそれぞれ、40cmの幼児用プール、1.20mの浅めのプール、2.20mの深いプールに分かれていて、一度に300名収容することができます。

パリ市のジャン=フランソワ・マルタン(Jean-François Martins)スポーツ課助役によると、ヴィレット貯水池に流れ込むウルク運河(Le canal de l’Ourcq)の水を利用し、薬品や微生物による浄水は行わず、フィルターのみで葉っぱやゴミなどの浮遊物、魚の侵入などを防ぐとのことです。また、今後2019年にはヴァンセンヌ(Vincennes)のドメニル湖(Le lac Daumesnil)で、更に2024年のオリンピック開催時にはセーヌ川(La Seine)でも同様の施設を作る予定があるとのことです。

9月10日まで、毎日11時~19時の間、誰でも無料で利用することができます。

普段のヴィレット貯水池の様子

執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン