ダイムラーがパリの新たなカーシェアリングサービスに名乗り プジョー、ルノーに続き3社目

2019.01.16
Download PDF

15日(火)、ドイツの自動車メーカー、ダイムラー(Daimler AG)がパリで新たなカーシェアリングサービス「Car2Go(カートゥゴー)」を開始したと発表しました。

2018年7月に多額の累積赤字を出してサービスを終了したカーシェアリングサービス「Autolib’(オートリブ)」の後、7月にプジョー(PSA、Peugeot Société Anonyme)が「Free2Moove(フリートゥムーヴ)」を、9月にルノー(Renault S.A.)が「Moov’in.Paris(ムーヴィンパリ)」を発表したのに続き、3社目の参入となります。

 

Autolib’の失敗

Autolib’は、パリ市と周辺市の合計46市(後に104市に増加)が、SAVM(首都オートリブ・ヴェリブ組合/Syndicat Autolib’ et Vélib’ Métropole)を設立して2011年12月にサービスを開始した、電気自動車のシェアリングサービスです。

軌道に乗っていたAutolib’

運輸、エネルギー、ロジスティックの大手、ボロレグループ(Bolloré)に事業を委託し、ボロレとSAVMが共同で、電気自動車、充電設備、駐車場など、およそ2億ユーロ(およそ247億1480万円/1ユーロ:123円計算、2019.01.16現在)の初期投資を行い、利用者数は150万人にのぼり、当初は5600万ユーロ(およそ69億1900万円)の年間収益を上げていました。

多額の赤字によりサービス終了

しかし、ウーバー(Uber)などの新しい自動車配車サービスや、VTC(Voiture avec chauffeur)と呼ばれる運転手付き配車サービスの大頭、ボロレの公共サービスとしての認識の甘さなどが原因で、次第に業績が悪化、およそ2億9000万ユーロ(およそ358億5500万円)の累積赤字を出します。赤字を補填するため、ボロレがSAVMに対して年間4600万ユーロ(およそ56億8700万円)の追加予算を要求したことから、SAVMは契約終了を決定、2018年7月にサービスを終了しました。

契約は2023年までだったことから、ボロレは違約金3億ユーロ(およそ370億9300万円)を要求していて、一方SAVM側は違約金は数千万ユーロ(数十億円)と主張しているため、争いは長期化するものと見られています。

 

新しく参入するルノー、プジョー、ダイムラー

一方で、大手自動車メーカー3社が次々とパリのカーシェアリングサービス参入を表明しています。

プジョー

Autolib’終了後、7月の段階でいち早くカーシェアリングサービス参入を表明したフランス自動車メーカー大手のプジョーは、電気自動車550台による「Free2Moove」を昨年12月3日(月)よりスタートさせました。車の利用は専用のアプリケーションFree2Move Parisを利用します。

料金は1分間0.39ユーロ(およそ48円)、月契約の場合は月々9.9ユーロ(およそ1,220円)で利用することができます。旧Autolib’専用の駐車場を無料で利用することができます。

ルノー

同じく、フランスの自動車メーカー大手のルノーは、昨年10月に先陣を切って電気自動車120台によるカーシェアリングサービス「Moov’in.Paris」を開始しました。

プジョーと同様に、車を利用するには、専用のアプリケーションMoov’in.Paris(App StoreMoov’in.Paris(Google Play)を使い、旧Autolib’専用の駐車場を無料で利用することができます。

料金は、ZOEを利用した場合は1分間0.39ユーロ、Twizyを利用した場合は1分間0.29ユーロ(およそ35円)で、10分以上から利用することができます。

ダイムラー

今回、新たに参入を発表したドイツの自動車メーカー、ダイムラーは、400台の2人乗り用小型自動車、スマートフォーツー(Smart fortwo) を使ったサービス「Car2Go」を展開します。

Car2Goは、2008年にサービスを開始し、世界中におよそ297万人の利用者がいるカーシェアリングサービスのスペシャリストで、大手のサービスがパリのカーシェアリングサービスに参入することに期待が寄せられています。

手続きは全て専用のアプリケーションCar2Go上で行い、料金は利用する場所、時間帯に応じて、1分あたり0.24ユーロ(およそ29円)~0.34ユーロ(およそ42円)で利用することができます。また、法的に定められている駐車場であればどこでも無料で駐車、乗り捨てをすることができます。

Car2Goのオリヴィエ・レッぺール(Olivier Reppert)代表は、「パリは車のシェアリングに適した環境である」と述べました。また、「パリの人々や旅行者に、持続可能で快適で柔軟な移動手段を提供できることを嬉しく思う」とし、今年度中に更にサービスの拡充を図る考えを表明しました。

民間企業参入への期待

Autolib’は最終的に莫大な累積赤字を残してサービスを終了しましたが、Autolib’で整備された充電スタンドを有効活用し、複数の民間企業が参入することで、市場が活発化しサービスの向上を図ることが出来ると期待されています。

パリを訪れる予定の方は、これらのカーシェアリングサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン