ヴァカンスが終わると気分はクリスマス シャンゼリゼ大通りでクリスマスのイリュミネ―ションの設置が始まる

2018.09.12
Download PDF

先週月曜日に夏のヴァカンスが終了し、新学期が始まったばかりのフランスですが、パリの有名な観光名所であるシャンゼリゼ大通り(Avenue des Champs-Élysées)では、既にクリスマスの為のイリュミネ―ションの設置作業が行われている、と地元メディアが報じました。※写真は過去のイリュミネ―ション

 

シャンゼリゼ大通り

シャンゼリゼ大通りは、パリ市内の8区をほぼ東西に横切り、コンコルド広場(Place de la Concorde)からエトワール凱旋門(L’arc de triomphe de l’Étoile )までのおよそ3㎞を結ぶ大通りで、フランスでは「世界で最も美しい通り(la plus belle avenue du monde)」と言う表現が使われています。

道幅はおよそ70mあり、車道と歩道の間には手入れされたマロニエの木が並んでいます。両側の歩道沿いには高級ブティックやカフェなどが揃い、観光客に人気のスポットとなっています。

有名な歌「オー・シャンゼリゼ(原題:Les Champs-Élysées)」でも世界的に知られる、世界で最も有名な通りの一つです。※邦題の「オー・シャンゼリゼ」は歌詞に出てくる「aux Champs-Élysées(シャンゼリゼで)」という意味が基になっています。

シャンぜり大通りは、名古屋の久屋大通、東京の銀座、ニューヨークの5番街など、世界の7つの大通りと友好提携を結んでいます。

 

今年のイリュミネ―ションは

今年のイリュミネ―ションは、11月の末に点灯が開始される予定ですが、現地の報道によると、その2ヵ月以上前である数日前から既に、シャンゼリゼ大通りでイリュミネ―ションの設置が開始されているということです。

11月末まで今年のイリュミネ―ションに使われる色、電灯の数、デザインなどは一切公表されていませんが、シャンゼリゼ委員会は「準備は順調に進んでおり、昨年までと同じ時期に行うことができる」と述べています。

現地記者の質問に対して、設置作業を進めていた作業員は「飾りを付けるためのアーチを設置している」とだけ答え、その詳細は明かされませんでした。今後、側道の400本の木すべてに、合計でおよそ100万個を超える電球が設置されていきます。

 

予算はおよそ5億円超

シャンゼリゼ委員会のジャン=ノエル・レナール(Jean-Noël Reinhardt)委員長は、「昨年までの4年間、我々は『Scintillance(輝き)』というテーマのイリュミネ―ションを設置してきた。そして、昨年私たちは2018年から新たなイリュミネ―ションを設置すると述べたが、昨年までと同様のイリュミネ―ションを追加で設置することになるかもしれない。」と述べました。

更に、「新しいイリュミネ―ションの作成にはおよそ400万ユーロ(日本円でおよそ5億1600万円/1ユーロ:129円計算)の予算が必要で、私たちはその資金を調達しなければならない。」と資金が調達できていない状況も明らかにしました。

 

イリュミネ―ションの期間は

イリュミネ―ションは11月末から、年をまたいだ2019年の1月第1週まで、毎晩午後5時から翌日の午前2時まで点灯されます。

今年のイリュミネ―ションは一体どのようなものになるなのでしょうか。楽しみはしばらくおあずけになりそうです。

執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン