「大過去」を使って会話の幅を広げよう

2018.08.11
Download PDF

大過去を使いこなそう

フランス語の動詞には現在形、近接未来(aller+動詞不定形)、複合過去、半過去、単純未来など、
さまざまな時制があります。
Skypeレッスンで日々勉強している皆さんも、少しずつ時制を使いこなせるようになって、
フランス語会話が上達してきたのではないでしょうか。
でもその中で、大過去=le plus-que-parfait はあまり使う機会がないな・・・・・・なんて思っていませんか?実は日常会話でけっこう使われる場面は多く、せっかく学んだのに使わずに忘れてしまうのはとても残念です。そこで今回は、大過去を含むカンタン便利な一言をご紹介します。

 

大過去ってなに?

だから言ったじゃない!

過去のある時点から見て、それより前に完了済みの行為を表す時制それが大過去です。
・・・・・・と、理屈で説明するとなんだかわかりにくいですよね。
フランス語のフレーズをそのまま覚えてしまいましょう。

簡単にひとこと

「言ったじゃない!」「言ったじゃないですか!」と軽く責めたくなる時って、日々の生活ではあるものです。そんなときに大過去を使って、このように言います。

Je t’avais dit ! (ジュタヴェディ)
Je vous avais dit ! (ジュヴザヴェディ)

相手がなにかミスをしたり忘れてしまったりしたとき、その行為が起こった過去の時点を基準にして、
それ以前に「私はあなたに…するように言いましたよ」という意味なので、direの時制は大過去となります。

もう少し詳しく

この一言の後ろに「de+動詞不定形」をつけると

Je vous avais dit de lire ce document.
(この資料を読んでおくように言ったじゃないですか。)

といった、より詳しい文が作れるので便利ですよ。
ちなみに「dire de 動詞不定形」は「・・・・・・するように言う」という指示を表す熟語です。

 

言ったじゃない! ” Je t’avais dit ! ”
しかるべきシチュエーションで、ぜひ使ってみてください。

 

まとめ

使いこなせるようになれば表現の幅がぐっと広がる大過去。
日常会話でサラッと言えるように練習しておきましょう。

ただしSkypeレッスンでは
“Je vous avais dit de faire le devoir !”   (宿題をしておくように言ったじゃないですか!)
と叱られることがないように気をつけてくださいね。

執筆:アンサンブルアンフランセ講師 Miwa

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン