「それよくあるよね」、フランス語では何て言う?

2016.11.07
Download PDF

会話をしているとき、相手の発言に対して特に意見が無くても、

シンプルな相槌の表現をいろいろと知っておくと便利ですよね。
黙っているよりも何か返したほうが相手にも親切だし^^;

そこで今日ご紹介するのが、

「それよくあるよね。」

これをフランス語にする…簡単そうで実は奥が深いような…

「それ」= ça 「よく」= souvent (頻繁に)、
「ある」= il y a ????

ここでは「ある」をどう解釈するかがポイントですね、
つまり「よくある」ということは、「よく起こる」。

正解は…

Ça arrive souvent.

IMG_4489

動詞に”arriver“を使うんですね〜。

“arriver”といえばまず最初に浮かぶ訳は「到着する」ですが、
「〜が起こる」という意味でも日常会話で広く使われます。

例えば…

Qu’est-ce qui est arrivé ?  「何が起こったの?」

Il m’arrive de m’endormir au volant.
「私、運転中に居眠りすることがあるの(危険です!)」

※この文の「il」は「非人称のil」で、
“il arrive (à 人) de 動詞の不定形” =「(人に)〜することがある」

他にも様々な言い方がありますが、まずは、

「それよくあるよね」= Ça arrive souvent.

「それは私によくあることだ」= Ça m’arrive souvent.

この2つをまず会話の引き出しに入れておきましょう!

執筆 Miwa

 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン