喫煙者悲鳴!タバコの価格、2022年まで更に上昇か 

2017.07.05
Download PDF

4日(火)、エドゥアール・フィリップ (Édouard Philippe)首相は、2000年以降続いているたばこ価格の高騰は、本来予定されていた価格引き上げの一環である、と述べました。

フィリップ首相の発表によると、これは政府が進めているニコチン中毒を防ぐ政策の一つで、今後2022年までの5年間で、タバコの価格は更に上昇し、一箱10ユーロ(日本円でおよそ1,300円)まで引き上げられます。

OFDT(Observatoire français des drogues et des toxicomanies:フランス麻薬及びニコチン中毒監視所)によると、フランスで最も売れているマールボロの価格は2000年には3.20ユーロ(およそ420円)だったものが、2015年以降は7ユーロ(およそ910円)にまで値上がりしています。この15年間のインフレ率が25.38%だったことに対して、タバコ価格は120%も価格が上昇しています。
※1ユーロ130円で計算しています。

喫煙者にとって、ますます厳しい状況となることは避けられません。

執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン