偽警官による金銭強奪事件が連続して発生 パリ近郊

2017.08.30
Download PDF

パリ近郊北部の街、ノワジー・ル・セック(Noisy-le-Sec)とセヴラン(Sevran)で、28日(月)、数十分の間に立て続けに2件の偽警官による金銭強奪事件が発生しました。

最初の事件はノワジー・ル・セックで午後5時頃に発生しました。水宅配業者を装った二人組が「パイプのチェックの為」と被害者宅にはいり、その数分後、今度は警官を装った二人組が「偽の業者が来ている」と捜査目的で家にあがり、水宅配業者を装った二人を連れて帰ります。その後、被害者は現金280ユーロ(約36,000円)と宝石が紛失していることに気づきます。

二件目の事件も同じ手口でしたが、被害額は80,000ユーロ(約1,050万円)にのぼり、現在警察が犯人を追っています。

観光客を狙った偽の警官によるクレジットカード搾取詐欺なども以前から相次いでいるため、一層の警戒が必要です。

執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン