平昌オリンピック、フランスは全体で9位

2018.02.26
Download PDF

25日(日)に閉幕した平昌オリンピックで、フランスは5つの金メダルを含む、合計15個のメダルを獲得し、全体で9位の成績を収めました。

日本では冬季オリンピックとしては過去最高の13個のメダルを獲得し、大いに盛り上がっていますが、フランスは金メダル5、銀メダル4、銅メダル6、の合計15個のメダルを獲得しました。全体では、7位の韓国(金5、銀8、銅4)、8位のスイス(金5、銀6、銅4)に続く9位です。

金メダルはそれぞれ、バイアスロン男子12.5km追い抜きとバイアスロン男子15㎞マススタートでマルタン・フルカドゥ(Martin FOURCADE)選手が2つ、バイアスロン男女混合チームが1つ、モーグル女子のペリーヌ・ラフォン(Perrine LAFFONT)選手が1つ、スノーボードクロス男子のピエール・ヴォルティエ(Pierre VAULTIER)選手が1つ獲得しています。

3月9日(金)から始まる平昌パラリンピックも目が離せません。

執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン