フランス観光地 再開に躍起

2020.05.22
Download PDF

フランス観光地 再開に躍起

5月22日(金)、11日からのロックダウンの段階的解除で、一部のビーチなどの再開が許可されましたが、人が集まる観光地やテーマパークなどの再開は今のところ決まっていません。4月、5月のハイシーズンで失った集客を一刻も早く取り戻そうと準備を始めている中、一部の観光地が6月2日の首相の発表を待たず再開日を発表しました。

 

歴史テーマパーク《ピュイ・ドゥ・フゥ》、勝手に?再オープン発表

フランスの歴史テーマパークで、住民のボランティア参加で運営されるユニークなショーで有名なピュイ・ドゥ・フゥ(Puy De Feu)は、「6月11日に再オープンします!」と、昨日ツイッターで発表しました。

パリから車で約3時間半、西フランスにあるこのテーマパークは、感染者が少なく医療機関の負担が少ない《グリーン・ゾーン》にあることから、署名活動を行うなどして早期の再開を訴えていました。

昨日、代表のフィリップ・ドゥ・ヴィリエー氏(Philippe de Villiers)は、自らのツイッターのアカウントで、「マクロン大統領、応援ありがとうございます」と、大統領が主催する治安維持委員会(Conseil de défense et de sécurité nationale :CDSN)で「再開可能かの検討に入っている」と発表しました。

また、テーマパーク自体もツイッターで、観光担当の国務長官(Sécretaire d’État)ジャン=バティスト・ルモインヌ氏(Jean-Batiste Lemoyne)が、「大統領は本来レストランの再開の可否を発表する6月2日に、観光地やテーマパークの再開も決定する」と発表しています。

しかしながら、ルモインヌ長官は19日にフランス元老院セナ(Senat)における答弁で、6月2日から《グリーン・ゾーン》にある観光地の再開の可能性について提起したものの、決定には至っていません。

 

ラスコー洞窟やピーク・ドゥ・ミディ、安全確保で入場者3〜5割減

観光地の再開が決まっても、ジェルやマスクの着用以外に、入場者が政府が決める《一人当たり4平米の距離》を置けるよう運営するのは簡単ではなさそうです。

フランス南西部ドルドーニュ県(Dordogne)にある、先史時代の壁画で世界的に有名なラスコー洞窟(Lascaux)では、「今までは1グループ最高40名まで入場させていたが、再開後は15〜20名にせざるを得ない。3時間だったガイドツアーは、1時間半前後に短縮し、タブレット廃止、映像室閉鎖」と、訪問者数や時間、サービスの制限をせざるを得ません。

ピレネー山脈の展望台、ピーク・ドゥ・ミディ(Pic de Midi)では、ケーブルカーの定員45名を今年は減らす必要があります。

また、展望台にあるロッジでは、平時は27名を15の部屋に宿泊させていますが、シャワーやトイレは共同のため、どのようにオーガナイズするのか検討中です。

聖地ルルド、宗教関係はすでに再開

宗教施設の再開は許可されている事から、《奇跡の水》で知られるカトリック信者の聖地ルルド(Lourdes)は、16日よりすでに信者や観光客の訪問を受け入れています。

南西フランス、ピレネー山脈(Les Pyrénées)の麓にあるルルドは巡礼地で、毎年世界中から病人や信者600万人が訪れていました。

再開後は、10人ずつ整列入場を行い、洞窟でのミサは信者が近づけないようにバリケードをし、距離をおいて行われています。

執筆:マダム・カトウ

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン