2018年フランス人にとって最も印象に残った出来事は?

2018.12.20
Download PDF

Par Thomas Bresson — Travail personnel, CC BY 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=74790140
12月19日、世論調査会社IFOPは、2018年フランス国民にとって最も印象に残った出来事は「黄色いベスト」運動と発表しました。

 

2018年最も印象に残った出来事は、黄色いベスト

IFOP社がフランスの有力紙パリジャン(Le Parisien)の依頼で12月14日~17日の間に行った調査結果で、2018年最も印象に残った出来事は57%の回答者が選んだ「黄色いベスト」運動でした。

2位は今年の3月、カルカッソンヌ近郊で起こった人質事件(人質の身代わりになった憲兵など4名が死亡)および12月11日のストラスブールのクリスマスマーケットでの銃撃事件という二つの大きなテロ事件(41%)でした。

ワールドカップサッカーのフランス優勝はわずか25%

今年の7月、フランス中を熱狂させたサッカーワールドカップフランス優勝は25%で、今年8月にジェノバ市内での高架橋の落下事故(21%)をわずかに超えたのみにとどまっています。

 

今年の女性はメルケル首相と・・・プリシリア・リュドスキー??

今年最も印象に残った女性は、2021年に任期満了で退任を決めたドイツのメルケル首相ですが、この欧州の大政治家と同点で肩を並べたのが、今年の11月まで無名だった33歳のフランス人女性で「黄色いベスト運動」の火付け役と言われているプリシリア・リュドスキー(Priscillia Ludosky)です。

マクロン政権を揺るがす大きな市民運動に発展した「黄色いベスト運動」ですが、そもそもリュドスキー氏が燃料税に廃止を求めるため署名をインターネット上で集め始めたことが発端となりました。「黄色いベスト」と名づけられたフェイスブックには、11月末の時点で約100万人の署名を集め、その後も1分に1人の割合で増えていきました。現在、この市民運動の代表の1人として政府との交渉に参加するなど注目を浴びています。

3位は、100日後に迫るブレグジット(Brexit)の調整で苦境に立たされ、やはり退任が決まっているイギリスのメイ首相(19%)、ロイヤルウエディングで話題に事欠かないメーガン・マークル妃(14%)、産後復帰のウインブルドンで準優勝したテニスのセリーナ・ウイリアムズ(7%)などが続きます。

 

男性はキリアン・エムバペがデシャン監督を抜く

男性では、今年のサッカーワールドカップロシア大会で活躍したフランス代表のキリアン・エムバペ(Kylian Mbappé)選手が30%、優勝監督のディディエ・デシャン(Didier Deschamps)氏(26%)を抜いて1位に選ばれました。

3位以降はローマ法王フランソワ(18%)、マクロン大統領(14%)、トランプ大統領(12%)といったいつもの顔ぶれでした。

直近の関心事は、治安維持とテロ対策

フランス人の直近の関心事は「治安維持とテロ対策」が71%で、今年9月の調査時より9ポイントも上昇しています。2位は「健康」(59%、+1ポイント)、3位は「昇給、購買力の上昇」(57%、+3ポイント)、4位以降は「失業対策」(54%)、「教育」(52%、-2ポイント)、「貧困対策」(50%、+7ポイント)となっています。

2019年に期待することは?

2019年にフランス人が最も期待するのは、黄色いベスト運動が訴える「購買力の増加」(59%)です。2位の「イスラム過激派のテロの撲滅」(47%)に大差をつけて1位の座を獲得しました。

また、39%の人が「失業者の大幅な減少」(3位)を期待し、21%の人が「地球温暖化防止への強固な対策」を求めています。

2019年はどんな年になるでしょうか?

執筆:マダム・カトウ

関連記事:
テロ事件の英雄、ベルトラーム大佐告別式
燃料税に反対する黄色いベスト運動

写真はWIKIPEDIAよりお借りしました。

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン