ミス・フランス2019 タヒチ代表が優勝

2018.12.20
Download PDF

ミスコン

15日(土)にゼニット・リール(Zénith de Lille)で第89回ミス・フランス2019決勝大会(Miss France 2019)が行われ、タヒチ代表のヴァイマラマ・シャヴェス(Vaimalama Chaves)さんが優勝しました。

このコンテストは、歌手で女優のリーヌ・ルノー(Line Renaud)さんが委員長を務める、年末の一大イベントです。

決勝進出は5名、海外県の出身者が優勢

ミス・フランスは地方選を勝ち抜いた12名の候補者から、選考委員による審査やスポンサーである民放局TF1視聴者による投票を経て、5名に決勝進出者を絞ります。

コンテストのテーマは毎年変わり、今年度は「ミス自身のショー(Les Miss font leur show)」でした。選考過程では容姿やスタイルだけでなく、教養なども問われる点がこのコンテストの特徴です。

決勝では毎年、フランスの海外県(départements et territoires d’outre-mer、通称DOM-TOM)出身者の活躍が目立ちます。今年度もタヒチ(Tahiti)、レユニオン(Réunion)、グアドループ(Guadeloupe)の出身者が決勝に進みました。

壮絶なダイエットを経て優勝したシャヴェスさん

シャヴェスさんはミス・タヒチとして今年度の決勝戦に残りました。5年前には体重が80キロあったというシャヴェスさんはダイエットに力を入れ、見事栄冠を手にしました。

現在23歳の彼女は、大学でマネジメントを学びながらジムのコミュニティ・マネージャーとして働いています。

様々な衣装で盛り上がるコンテスト

選考中にはキャバレーやボリウッド(Bollywood)の衣装や、伝統衣装などを纏ってのショーが行われます。

今年10月に亡くなったフランスのシャンソン歌手、シャルル・アズナブール氏(Charles Aznavour)を悼み、舞踏会のロングドレス姿も披露されました。

執筆あお

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン