レストランで ” Je t’invite ” ・・どういう意味?

2017.08.26
レストランで食事

今回の一言フランス語は、とっても短い ” Je t’invite “(ジュ タンヴィットゥ)。例えば誰かとレストランで食事をしたとき、相手に言われると嬉しくなってしまう一言です。

 

ご馳走するときはスマートに

ご馳走するよ

動詞の inviter は「招待する」という意味だけれど、もし食事に誘ったのが自分だったら「?」ですよね。さてこの ” Je t’invite “ が意味するところは・・・

「ご馳走するよ(奢るよ)」なのです!

「レストランで人を招待する=ご馳走する」という解釈になるわけです。なるほど〜!な一言。こういうシチュエーションで ” payer “(支払う)など意味があからさますぎる動詞を使うより、丁寧かつスマートな言い方で素敵ですよね。

ちなみに ” Je t’invite ” と同じ意味で使われるのが、C’est pour moi.
えっ、これが?と思われるかもしれませんが、これはその時の状況が大事です!

お勘定がテーブルに運ばれてきたとき、さりげなく自分のほうへ引き寄せ、” C’est pour moi “.
「それは私のため=ここは私が払います」という意味になります。

こっちもシンプルかつスマートで、いいですよね?素敵なジェントルマンに言われたらたまりません。そういうときは「え〜悪いわよぉ!」と遠慮せずに、笑顔で気持ちよくご馳走になるのがいいはずです。

 

あとがき

言われて嬉しい、自分で言っても気持ちがいい、“Je t’invite”、ぜひ使ってみてくださいね。

執筆 Miwa

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン