「そろそろ失礼します」フランス語ではどう言う?

2017.01.17
Download PDF

別れの挨拶

今回の「一言フランス語」は、別れ際の挨拶です。「そろそろ失礼します」「そろそろ行きます」という、その場をやんわり〜と立ち去るのに便利な一言です。「行かなくちゃ!」と言うよりずっとソフトなので、切り出された相手もスムーズに受け止められるはず。でも「そろそろ」という言葉、とても日本語的ですよね。このニュアンスを表現できるフランス語とはいったい・・・

 

フランス人も別れの挨拶はやんわり

フランスの夕暮れ

要は言い方を一工夫してみるということです。例えば・・・

Je ne vais pas tarder à y aller.

直訳は「そこへ行くのに遅れるつもりはありません」→「もうすぐ他へ行くので失礼します」という解釈です。「tarder」(遅れる)という「動詞」の否定形を用いて「そろそろ」を表しているところが面白いですよね〜。

ちなみに「そこへ」を意味する中性代名詞の「y」は、特定の場所を指しているわけではなく言わば飾りなので、相手に「どこへ行くの?」と詰問される心配はありません。誰かと会う約束をして有意義な時間を過ごしたからこそ、別れの時もなるべくスマートに切り出したいですよね。

 

あとがき

近いうちにフランス人と会う予定があるという方、別れを告げる側になったら是非使ってみてください。

執筆 Miwa

 

 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン