「我々はテロに屈さない」コロン内務大臣が声明

2017.05.24
Download PDF

22日(月)夜にイギリス中部の都市マンチェスターで発生した自爆テロ事件を受け、フランスのジェラール・コロン(Gérard Collomb)内務大臣は23日(火)は「我々はテロ行為に屈することはない」と声明を発表しました。

2015年11月13日にバタクラン劇場やレストランなどが襲撃され、130名が犠牲となったパリ同時多発テロ以降、警戒レベルは最高に引き上げられていますが、今後より警備を増加させることを発表しました。

現在カンヌではカンヌ国際映画祭が開催されていて、28日(日)からはパリでテニスの全仏オープン( le tournoi de Roland Garros)が開かれます。また、6月1日(木)にリヨンではフルヴィエールの夜芸術祭(Les Nuits de Fourvière)が開催されます。大きなイベントがテロの標的になることも考えられることから、一層の警戒が必要です。

イスラム教のラマダン月が5月27日頃から始まることから、日本の外務省もホームページで注意を呼び掛けています。
外務省の海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C107.html

この間ヨーロッパへ渡航予定のある方は充分ご注意ください。

執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン