ヨーロッパ汚染卵問題 近日中に関連製品リスト公開予定

2017.08.16
Download PDF

ヨーロッパ全土だけでなく香港にも広がっている殺虫剤成分フィプロニルによる汚染卵問題で、15日(火)、ステファヌ・トラヴェール( Stéphane Travert)農務大臣は、フランスのパリジャン紙に対して、近日中にフィプロニルに汚染された卵を含む製品のリストを公開する、と発表しました。

ステファヌ大臣によると、今後数日で分析結果が出るとし、問題の卵を使ったすべての製品を農務省のホームページ上にて発表するとのことです。メーカー、製品番号、包装、店頭に並んだ日などすべての情報を公開するとしています。希望する小売店ではポスターなどで商品を通知することができる、とも述べています。また、フィプロニルに汚染された卵を含む製品を食べたとしても、健康に与えるリスクはごく少ないだろう、としています。

オランダ政府は、これまでに、フィプロニルの使用に対して、オランダの養鶏場の経営者2名を逮捕したと発表しています。

今回のフィプロニルによる被害は、オランダの養鶏場だけで1.5億ユーロ(およそ194億5900万円、1ユーロ129円計算)に及ぶと試算されています。

執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン