マルセイユで刃物による襲撃 少なくとも2名死亡

2017.10.02
Download PDF

1日(日)午後1時45分頃、フランス南部マルセイユ(Marseille)の中心駅、マルセイユ=サン=シャルル(Marseille-Saint-Charles)駅で、ナイフを持った男が通行人を襲撃し、少なくとも2名が死亡しました。犯人はその場で警備兵によって射殺されました。

イスラム国の広報機関、アマック(Amaq)通信は、イスラム国兵士による犯行と声明を発表しています。

被害者はどちらも女性で、目撃者の証言によると、犯人は犯行時「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んでいて、被害者の一名は刺され、もう一名は喉を切られたということです。
現在警察によって一帯は封鎖されており、近づかないように呼び掛けています。

犯人の身元は現在も確認中ですが、指紋から、万引きや麻薬密売の前科がある、30~35歳の男性と見られています。

フランス渡航予定、滞在中の方は最新の情報を確認し、安全の確保に努めるようにしてください。

執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン