建物の改修でも光回線の設置が義務化に

2017.05.22
Download PDF

5月8日(月)以降フランスでは、建物を改修する際にもインターネットの光回線設置が義務化されました。

マクロン法に基づき、2016年7月以降、建物を新築する際にはインターネット光回線の設置が義務付けられていましたが、今回の決定では、建物の改修もこれに含まれます。ただし、この法令は廊下や部屋の塗装などの改修には適用されず、建築許可が必要な改修にのみ適用されます。また、設置に伴う補助として、電気系統工事に関わる費用の5%が支給される予定です。

2016年12月31日の時点で光回線を利用していたのは、フランス全土でわずか770万世帯でしたが、今後はその数が大幅に増える見込みです。
またこれにより、フランス国内でのインターネット環境が大幅に改善されることが期待されます。

執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン