フランス国民議会選挙2017、各地で開票が進む

2017.06.12
Download PDF

11日(日)、2017年度フランス国民議会選挙(Les élections législatives 2017)の第一回投票がフランス各地でおこなわれ、開票作業が続いています。

国民議会は577人の議員で構成されています。選挙は5年に一度行われ、2017年は6月11日(日)に第一回投票が、18日(日)に決選投票がおこなわれます。大統領任期5年制の導入に伴って、2001年以降、大統領選挙の同年翌月に実施されます。

投票は、小選挙区直接普通選挙でおこなわれ、第一回投票で有権者の1/4(12.5%)以上の票を獲得した候補者が翌週におこなわれる決選投票に進みます。

現在の国民議会は2012年の選挙で選出され、以下の様に構成されています。
・社会党(Parti Socialiste)285名
・共和党(Union Pour un Mouvement) 199名
・民主主義・独立運動(Union des démocrates et indépendants) 27名
・急進左派グループ(Mouvement des radicaux) 18人
・左派戦線グループ(左翼党・共産党 Parti de Gauche / Parti Communiste Francaise)15名
・無所属(国民戦線、緑の党など)26名
・欠員 7名

2大政党に属さない初の大統領が誕生して、初めての国民議会選挙。その行方が非常に注目されています。

執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン