フランス、バーの22時閉店に《大騒ぎ》

2020.09.25
Download PDF

フランス バーの22時閉店に《大騒ぎ》

9月25日(金)、1日の感染者が1万人を超えるなど、新型コロナウイルス感染が急速に拡大していることから、フランス政府は新たな対策として23日(水)パリ市を含む一部地域のバーの22時閉店を発表しました。これを受け、フランス各地で議論が白熱しています。

 

11都市対象、パリ市猛烈に抗議《0時閉店に!》

オリヴィエ・ヴェラン保健相(Olivier Véran)が発表した「バー22時閉店」の対象になるのは、住民10万人に対する感染者数が150を超える「警戒強化地域」に指定されている地域で、パリ以外にリヨン(Lyon)、ボルドー(Bordeaux)、ニース(Nice)、リール(Lille)、トゥールーズ(Toulouse)、モンペリエ(Montpellier)、レンヌ(Rennes)、グルノーブル(Grenoble)、サン=テティエンヌ(Saint-Etienne)、ルーアン(Rouen)といった地方都市が含まれています。

それでも人々は飲み会をやめない

発表を受け、パリ市助役のエマニュエル・グレゴワール(Emmanuel Grégoire)氏は「バーの22時閉店には懐疑的だ」と語っています。

なぜなら「バーが早く閉まるからといって人々が飲み会やパーティをやめるわけではない。ただ場所を替えるだけだ。ソーシャルディスタンスなど、ルールを遵守して営業されているバーよりも、プライベートの集まりの方が危険」と、その理由を説明しています。

パリ市は「一斉の営業時間短縮ではなく、ルールを遵守しないバーの摘発に労力を割き、もぐりの飲み屋が発生するのを防ぐほうが現実的」として、政府に対し「22時ではなく0時閉店にするよう訴える」ことを決めました。

 

感染者急増のマルセイユ、レストランやバーの営業禁止は《お仕置き?》

住民10万人に対する感染者数が250を超える地域は、最も感染が活発な「厳重警戒地域」に指定され、感染拡大を阻止するため更に厳しい対策が取られます。

23日、政府はこれらの地域に対し、バー、カフェ、レストランの営業を明日26日より2週間禁止すると発表しました。

対象となるのは、南仏のエクス=アン=プロヴァンス(Aix-en-Provence)、マルセイユ(Marseille)、フランス海外県のグアドループ(Guadeloupe)の3地域です。

これを受け、マルセイユでは「集団罰則だ!」と怒りの声が上がっています。

マルセイユ市長、激怒

マルセイユ市長ミシェル・リュビオラ(Michèle Rubirola)氏は、「今回の政府の決定は、マルセイユ市の現状に当てはまるものではなく、理解不能な政治的アピールにマルセイユ市民が犠牲になることは許されない」と抗議のツイートをし「我が市は事前の打診も受けていない」と、突然の発表に怒りを露わにしています。

これに対し、ヴェラン保健相は「(マルセイユを含む)ブーシュ=デュ=ローヌ(Bouches-du-Rhône)県知事と市の助役に打診した」とし、また「マルセイユ市民を守るためだ」と反論しています。

 

パリ市で4000人の雇用に影響

バーなどの閉店や営業時間短縮の対価として、政府は対象となる店へのさらなる支援金を約束しましたが、カフェ・レストラン業界の組合の一つ、GNI-サノルカ(GNI-Synhorcat)のマルセル・ベネゼ(Marcel Benezet)会長は、「怒りと共に、大変心配だ」、「パリ市内だけでも4000〜5000人の雇用が失われる可能性がある」と述べています。

 

騒音に悩むパリ市民は、バーの22時閉店を《大歓迎》

パリのカフェやバーには外のテラス席が多く、特に夏は満席になります。

コロナ禍で、路上の駐車スペースなどにも椅子やテーブルを置く「仮設テラス席」が許可されたことから、今まで外に席が無かった店も一斉にテラス席を作っています。この夏の好天気も手伝って、多くは深夜まで若者で賑わっていましたが、一方で近隣住民は騒音公害に悩まされていました。

今回のバー22時閉店の発表に、住んでいるアパートの1階や、前の通りに流行りのバーがある住民たちは、「もっと早くから実施すべきだった」「今までで一番良い決断」などとSNS上を賑わせています。

執筆:マダム・カトウ

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン