フランス、今週末にいきなり寒波到来、山間部では降雪も

2018.10.26
Download PDF

フランス寒波
10月26日(金)、秋晴れで例年より暖かい日が続いた10月でしたが、本日から週末にかけ寒波が訪れ、地方によって降雪の可能性もあると予想されています。

 

今日から寒波到来、週末にはフランス全土に

猛暑だった夏は終わったものの、9月の気温は例年より平均1.7度高く、ほとんど雨の降らないお天気が続いていました。10月に入っても前半は気温が20度を超える暖かい日が続いていましたが、本日から気温が下がりはじめ、いきなり寒波到来となりました。

これは北極海から冬型の低気圧が南下してきたためで、本日からフランスの北半分では冬のどんよりした曇り空が広がり、所により雨がぱらつきます。この低気圧は明日以降さらに南下し、明後日の日曜日から月曜にかけて、フランス全土を覆うと予想されています。

 

週明けの月曜日、パリの最高気温予想は8度

本日のパリを含むイル=ド=フランス県(Île-de-France)の最高気温は14度、最低は9度ですが、月曜日には最高気温が8度まで下がるようです。

最低気温も月曜日には例年より3度~7度低い1度~4度の間となり、この秋一番の寒さとなるでしょう。これは11月から12月の気温に匹敵するとフランス気象庁(Météo-France)は解説しています。

ピレネー山脈や中央高地では雪も

北海からの水分を多く含む寒気の影響で、ピレネー山脈(Les Pyrénées)や中央高地(Massif Central)では、今週末から来週頭にかけて雪が舞う恐れもあります。

また、アルザス地方(Alsace)などの北東フランスからニース(Nice)などの南東フランスでは、おおむね雨の予想です。

 

来週は荒れ模様も、気温は徐々に例年並みに

しかし来週の火曜日以降は、徐々に気温が上がりはじめ、最高気温はフランス北半分でも例年並みの15度前後に戻るようです。でも、低気圧の影響は残り、来週はどんよりとした雨の多い一週間になる模様です。

執筆:マダム・カトウ

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン