2030年までにガソリン車の乗り入れを禁止に パリ

2017.10.16
Download PDF

 パリ街並み

13日(金)、パリ市は2024年までにディーゼル車の、そして2030年までにガソリン車の乗り入れを完全に禁止すること目標にする、と発表しました。

フランス政府は今年7月に、二酸化炭素排出削減のため、2040年までにディーゼル・ガソリン両車の販売を終了すると発表していましたが、パリ市はそれを10年前倒して行う予定です。2024年の夏季オリンピック開催にあわせ、ディーゼル車の乗り入れ禁止から取り組みを開始します。

これに伴い、充電用の電気ステーション、パリ入口の駐車場の充実、自転車専用道の拡充などのインフラの整備、とりわけ公共交通機関の改善が急務となります。2024年のオリンピック開催に向け、新たに4線の鉄道の建設が予定されていて、それらを含むすべての予算は280億ユーロ(およそ3兆7000億円、1ユーロ132円計算)を超えるとみられています。

澄み切った青空がパリの上空にやってくるのも、そう遠くないかもしれません。

執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン