文学に興味があるなら フランス映画「Dans la maison」

2017.04.13
Download PDF
映画 Dans la maison

日本でも有名なフランソワ・オゾン監督。2013年には Jeune et Jolie が公開され、カンヌ映画祭のコンペティション部門で上映されました。今回はフランソワ・オゾン監督の前作 Dans la maison をご紹介します。

 

文学好きにおすすめ

Fabrice Luchini 演じる Germain は高校のフランス語教師。「週末の出来事を書きなさい」という課題を出したところ、「ピザを食べた」「テレビを見た」とやる気のない数行の作文ばかりが戻ってきました。ひどい出来に頭を抱えるGermainでしたが、その中でひときわ異彩を放つ Claude の作文が目に留まります。

彼は同級生 Rapha の家での出来事をこと細かに描写していたのです。特にRaphaの母親へのまなざしは普通のものではありません。そして最後には à suivre…と必ず書かれていて、Claude は課題ではない作文を提出し続けます。

まるで人の家の生活を鍵穴から覗きみているような感覚に二人ともすっかりのめり込んでしまいます。いけないとわかっていることをする Claude、それを助長するようなアドバイスを続けるGermain。指導をする立場と指導を受ける立場という関係は、時間とともに変化していきます。

しかし、歪んだ欲望の先には不幸な結末が・・・・・・。

Ernst Umhauer

Claude役のErnst Umhauer

 

あとがき

物語の外の観客までも中に引きずり込むような力のある作品でした。すべての出来事から目が離せなくなり、まるで自分が人の家に勝手に入り込んでいるかのような気分になります。見ている間中、ずっとどきどきしていました。

Germain 先生の「物語の書き方」講座もなるほど、と見入ってしまいます。文学や物語に興味がある方にお勧めの映画です。

執筆 Shoko

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン