パリ旅行は冬がおすすめ?!寒い時期だからこそ楽しめるポイント3つ 

2018.12.17
Download PDF

観覧車忙しい日々の中、限られた時間でフランス旅行へ行くなら冬のパリがおすすめです。フランスが1年で最も賑わいを見せる冬は、ノエル(noël)という大切なイベントがあります。街も人も浮き立ち、特別な光景が楽しめるスペシャルなシーズンなのです。そこで今回は、冬だからできるパリのおすすめの楽しみ方3つをご紹介します。

 

ノエルのイルミネーションを堪能する

夏や秋のパリも素敵ですが、特に冬のパリ旅行はフランスらしさを感じられて最高です。いつものライトアップにノエルのイルミネーションが加わり、寒さも吹き飛ばすほどキラキラとしたゴージャスな雰囲気が楽しめます。航空券も比較的手ごろに購入でき、夏より観光客の数が落ち着いているのでゆったりと過ごせるでしょう。

 

冬ならではの観光やグルメが楽しめる

冬のフランスは、朝7時でも外は真っ暗です。夕方も6時を過ぎると夜モードに入ります。日没が早いので、イルミネーションの点灯が早いという利点もあります。普段は混み合っている美術館も、この時期は落ち着いて芸術鑑賞ができます。建築物や庭園なども、夏の猛暑の中を歩くよりも冬のほうがおすすめです。その際、手袋・帽子・マフラーなどの防寒はしっかりしてくださいね。

そして、熱々のクレープや焼き栗、ホットワインなど手軽なローカルフードも冬ならでは。フランスのチーズも寒い時期こそ美味しくいただけます。そしてエネルギーチャージにはショコラが欠かせません。100グラムから買えるので街歩きのお供に食べてみてください。

また、美食を楽しみたい方は、ノエル限定やニューイヤー限定のメニューを出しているレストランが多いので予約をして行くといいでしょう。

 

冬のセールや限定品の買い物ができる

冬の時期はノエル限定商品の買い物も、フランス人達にとって楽しみの1つです。毎年、可愛らしいパッケージが華やかな雰囲気を出しています。特にコスメは、ポーチ付きのスターターセットがお手ごろ価格で販売される時期なので、興味のあるコスメブランドの商品を探すのも楽しいです。それからクリスマスのイベントカレンダー ( calendrier l’avant ) もチェックしてみましょう。かさばる形が多くて持ち帰りが大変ですが、福袋感覚でお得な詰め合わせになっています。

2019年のセールは1月9日からとなっています。ここ数年は、セール前にプレセールをするお店も多くなりました。そして、この季節ならではのマルシェ・ド・ノエル (marché de noël) には、クリエーターの作品も販売されているので、個性的な雑貨や小物が好きな方はチェックしてみてください。

フランスの夏物は胸元が大きく開いたデザインが主流で、日本では着こなしが難しいかもしれません。でも、冬物は作りがしっかりして、鮮やかな色合いが多く、はずれが少ないと思います。

 

まとめ

冬になるとフランス人はウキウキしている人が多く、お店の人の対応もにこやかに感じます。パリは英語が通じますが、片言でもフランス語を使ってみるとお祭り気分のパリっ子達と楽しいコミュニケーションがとれるでしょう。

執筆 YUKO

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン