フランスコロナ新規感染者ようやく減少傾向に《夏にはマスクを外したい》ヴェラン保健相

2021.05.04
Download PDF

 

フランスコロナ感染者減少傾向に

パリのカフェ、早く人間が座れますように…(5月2日筆者撮影)

5月4日(火)、フランスにおける新規感染者数がようやくピークを超え減少に転じています。昨日3日、ロックダウン段階的解除の第1段階として移動の制限が解除され、第2段階の商店再開や夜間外出禁止の緩和を2週間後に控え、ヴェラン保健相(Olivier Véran)はそれまでに感染者数は半減すると予想しています。

 

今後2週間で新規感染者1日4万人から1万5千人以下に

ロックダウン解除の第2段階は5月19日に予定されています。

この日から夜間外出禁止が現在の19時より2時間遅い21時開始となり、ほぼ全ての商店、劇場や映画館、ミュージアムやスポーツ観戦なども人数制限を行うことで可能になるなど、以前の生活にまた一歩近づくことになります。

ヴェラン保健相は昨日メディアのインタヴューに答え、「ピーク時に4万人を超えた(42,225人/日 : 週平均)1日の新規感染者は現在2万人台(23,457人)で、毎週20%〜25%の割合で減少しています」と述べ、このペースで行くと2週間後の19日には「1日1万人から1万5千人の間にまで減少する」と見込んでいます。

 

入院患者数、重傷者数は僅かに上昇も「3週間後に減少する」

ロックダウン解除に最も重要なポイントとなる重傷者数は、過去数日間緩やかな減少が続いていましたが、昨日3日に僅かに上昇し、現在5,630人となっています。

また、入院患者数も28,950人と前日より132人増えています。

これについてヴェラン保健相は、「今日の入院患者数は3週間前の新規感染者数を反映している」ことがわかっており、「3週間後には大幅な減少になるだろう」と前向きに発言しています。

また、同氏は出演したラジオ番組で「ワクチン接種が進み、今年の夏には外出時のマスクが外せることを切に希望する」と語っていますが、これはワクチン接種を躊躇する人に対し接種を促すメッセージとも言えます。

 

公開接種で再びワクチン接種をアピール

ヴェラン保健相はすでに1回目の接種を2月初旬に終えており、昨日3日に2回目の接種を受けました。41歳の大臣は医者でもあることから、2月に優先的に接種を受け、現在54歳以下には推奨されていないアストラゼネカ社のワクチンを接種しました。

2回目の今回はモデルナ社のワクチン接種を受けています。

フランスの接種会場では、多くの人が効果が高く血栓などの副作用がないと言われるファイザー社を選び、同じくmRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンにもかかわらず名前が知られていないモデルナ社を避ける傾向があります。

そのため、自らモデルナ社のワクチン接種を受けることで、同社のワクチンもアピールしようという目論見があるようです。

執筆:マダム・カトウ

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン