フランス感染者1日4万人超、夜間外出禁止54県に拡大、ストラスブールのクリスマスマーケット中止に

2020.10.23
Download PDF

ストラスブールクリスマスマーケット、コロナ感染増で中止

10月23日(金)、昨日22日の新規感染者数が4万人を超え、新たに38県で21時〜6時までの夜間外出禁止令が発令されました。また、すでに発令されている県に関しても当初の4週間から6週間に延長されました。フランス冬の風物詩として世界的に有名なストラスブールのクリスマスマーケットも、今年は開催中止となりました。

 

1日の感染者2週間で2倍に、都市部から地方へ感染拡大

昨日発表されたフランスにおける1日の新規感染者は41,622人で、10月9日に20,399人と2万人を超えてからわずか2週間で倍増しました。これで感染者数は通算999,043人となり、新たな死者も162人増え、通算34,210人となりました。

現在、Rノート(R0)と呼ばれる実効再生産数は1.35、つまり感染者一人が感染後7日間で他の人に感染させる数は1.35人となっています。

カステックス首相(Jean Castex)は、新たに夜間外出禁止が導入された38県を発表しましたが、その中には地方の小規模な市町村が多数含まれています。また、第一波で感染者が少なかったフランス西部、ブルターニュ地方の中規模都市レンヌ(Rennes)や、コルシカ島(Corse)、フランス領タヒチ(Tahiti)の首都パペーテ(Papeete)が加わるなど、広範囲にわたっています。

 

フランスの病床の4割がコロナ患者、病院に危機感

感染者数の急増にともない、病院の集中治療室に入院しているコロナ感染患者は、昨日284人増えて合計約2200人となっています。これは集中治療室の病床全体の44%を占めています。

また、この数値はパリおよびイル=ド=フランス地域圏(Île-de-France)では62%にも達しています。そのため、政府は今年の夏まで5,800だったイル=ド=フランス地域圏の病床を、今後15日間で7700床に増やすと発表しています。

都市部、地方からの応援「期待薄く」

今年3月から約2ヶ月間続いた感染第一波の期間中、感染者の急増で病院が逼迫したフランス東部、パリおよびイル=ド=フランス地域圏(Île-de-France)には、感染者の少ない地方から、看護師など医療関係者の応援が来ていました。しかしながら、今回の第二波では、地方にも感染が拡大しているため、大都市の病院への応援が期待できないことが懸念されています。

第一波で多数の死者を出したフランス東部、アルザス地方(Alsace)最大の都市ストラスブール(Strasbourg)では、この冬の感染拡大への懸念から、11月27日から約3週間にわたり開催される予定だった、毎年2百万人が訪れるクリスマスマーケットの中止を決定しました。

また、第一波で感染者をほとんど出していなかった地方自治体の中には、そもそも医療体制が脆弱な市町村もあり、政府は警戒を強めています。

 

カステックス首相「11月が正念場」、夜間外出禁止の次の手は?

これまでフランス政府は「2回目のロックダウンはない」と強調してきましたが、昨日の発表でカステックス首相が「今回の夜間外出禁止で感染拡大を食い止められなければ、新たな対策を講じる必要がある」と発言したことから、外出禁止時間の更なる拡大や、新たなロックダウンを懸念する声が上がっています。

いずれにしても、まずは10月17日よりすでに夜間外出禁止が導入されている、パリを含む9都市の10月末の感染状況により、今後の対策が検討されます。

執筆:マダム・カトウ

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン