フランス人の2019年のクリスマスプレゼント予算は?

2019.11.29
Download PDF

フランス人のクリスマスプレゼント予算は?
11月29日(金)、クリスマス商戦真っ只中のフランスですが、今年のクリスマスプレゼントの予算は前年より減少していると、消費ローン会社コフィディス(Cofidis)が、Eコマース大手の楽天(Rakuten France)の協力を得て行った調査結果を公表しました。

 

今年の予算は549ユーロ、前年より22ユーロ減

フランス人の年間消費の中で、最も予算が高いクリスマスプレゼント代ですが、今年のプレゼント予算の平均は前年から22ユーロ(約2640円)少ない549ユーロ(約65,880円)と発表されました。

そして、その3分の1以上に当たる215ユーロ(25,800円)がEコマースサイトで消費されます。

プレゼントの数も1.5個減少

今年はどうもサンタクロースがクリスマスツリーの下に置くプレゼントの数も減りそうです。

調査によると、今年購入予定のプレゼント数は平均7個、昨年2018年の8.5個から減少しています。

また、この大きな出費に備えるため、フランス人の60%は《クリスマス貯金》と称して毎月少しずつ貯金しています。

 

ブラックフライデーなど セール活用で同じものを割安に

アメリカで始まりフランスでもすっかり定着した、11月のバーゲンセール《ブラックフライデー》など、セールを利用してプレゼントを購入する人は全体の36%にも上ります。

そのせいか、11月からプレゼントを購入し始める人は40%と、昨年からさらに3ポイント上昇しています。

アリックス・パートナーズ(AlixPartners)社が、6カ国(フランス、アメリカ、ドイツ、イタリア、スイス、イギリス)を対象に行った別の調査によると、対象国の中でもフランス人は《セール時期にお得な買い物をして、予算を削ろうとする傾向》が《顕著に現れている》との結果がでています。

 

中国の《独身の日》もフランス上陸

《ブラックフライデー》の後は、《サイバーマンデー》、それをまとめて《ブランクウィーク》と称するなど、クリスマス商戦をセールで取り込む傾向がEコマースサイトやデパート、商店、消費ブランド企業に見られます。

今年はさらに中国の激安バーゲンセールで有名な《独身の日》(11月11日)もフランスに上陸し、消費者のクリスマスプレゼント購入時期をさらに早めています。

1ユーロ=120円

執筆:マダム・カトウ

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン