パリの星付きレストンランで高級ワイン盗難 被害額はおよそ7290万円

2019.07.03
Download PDF

1日(月)、パリの17区にある高級レストラン、メゾン・ロスタン(Maison Rostang)の地下のワイン貯蔵庫から150本以上の高級ワインが盗難にあいました。被害額は推定40万ユーロ(およそ4,860万円/1ユーロ:121円計算)~60万ユーロ(およそ7,290万円)に上るとみられています。

 

メゾン・ロスタン Maison Rostang

パリの17区、凱旋門(Arc de triomphe)から徒歩10分ほどの距離にあるメゾン・ロスタンは、1978年にミシェル・ロスタン(Michel Rostang)によって開かれ、開店から2年後の1980年にミシュランガイドの二つ星を獲得し、以後二つ星を維持しています。2008年以降、ニコラ・ボマン(Nicolas Beaumann)が料理長を続けています。

重厚で洗練された店内に、伝統を重んじながらも斬新で美しい料理や、極上のワインを楽しむことができることで有名です。格式高い雰囲気のメゾン・ロスタンでは、ドレスコードが設けられています。

→メゾン・ロスタン公式ホームページ←

 

壁に穴をあけて侵入か

パリの警察によると、盗まれたのは、世界で最も高価と言われるペトリュス(Petrus)とロマネ=コンティ(Romanée-Conti)を含む、少なくとも150本以上で、被害総額は合計でおよそ4,860万円から7,290万円に上るとみられています。犯人は、工事中だった地下のワイン貯蔵庫の壁に、直径50センチメートルほどの穴をあけ侵入したとみられています。

パリでは高級なお酒の盗難が頻発している

パリでは、2009年に44歳の男が複数のレストランから高級ワインを500本以上(被害総額数十万ユーロ、およそ数千万円)を盗んだ疑いで逮捕された他、2017年11月には高級ブティックから69本のウィスキー、70万ユーロ(およそ8500万円)相当が盗まれるなど、高級なお酒の盗難が相次いでいます。

ペトリュスやロマネ=コンティと言えば、安くても1本100万円以上と言われる高価なワイン。一体どこへ消えてしまったのでしょうか?

執筆:Daisuke

 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン