世界最大規模「パリ航空ショー」始まる 国産旅客機「スペースジェット」塗装で初展示

2019.06.17
Download PDF

17日(月)、世界最大規模の航空機展示会「パリ航空ショー(Salon International de l’Aéronautique et de l’Espace, Paris-Le Bourget/SIAE、通称Salon du Bourget)」が23日(日)までの7日間の日程で開幕しました。期間中は、世界各国から集まった航空機やドローンなど、およそ150機が展示されます。また、三菱航空機が開発を進めている国産初のジェット旅客機「三菱スペースジェット(Mitsubishi Space Jet)」が、同展示会で初のスペースジェット塗装機の展示を行い、受注拡大を狙います。

 

世界最大規模のパリ航空ショー

パリ航空ショーは、2年に一度パリ郊外北部にあるル・ブルジェ空港(Aéroport Le Bourget)で開催されている、イギリスのファンボロー国際航空ショー(Farnborough International Airshow)とドイツのベルリン国際航空宇宙ショー(Internationale Luft- und Raumfahrtausstellung Berlin)に並ぶ、世界最大規模の航空宇宙機器の国際見本市で、今回で53回目を迎えます。

航空機の飛行展示や、アクロバティックなデモンストレーションなどが行われるため、毎回多くの人で賑わいます。前回の2017年、第52回パリ航空ショーには、専門家・一般客合わせ、会期中におよそ32万2000人が開場を訪れました。

 

三菱スペースジェット

今回のパリ航空ショーには、三菱航空機が開発している国産初のジェット旅客機「スペースジェット」の陸上での実機展示が行われます。

三菱航空機は「MRJ(三菱リージョナルジェット)」として開発を進めてきましたが、設計の大幅な見直しなどにより、当初予定されていた2013年の納入時期を大幅に延期し、2020年中頃に量産初号機を納入する予定になっていて、現在はアメリカのモーゼスレイク(Moses Lake)で型式証明取得のための飛行試験などを行っています。

MRJから三菱スペースジェットへ

三菱航空機は、開発の延期という負のイメージが定着したMRJの名称から、三菱スペースジェットに名称を変更しました。三菱航空機は今回の名称変更を、「MRJは開発段階での名称。リージョナル(Regional、地域)という言葉が限定的なイメージを与える」ための変更と説明しています。客室空間の広さをイメージした「スペース」という名前が用いられています。

90席クラスの機体に用いられていたMRJ90という名称はSpace Jet M90に、70席クラスのMRJ70はSpace Jet M100に名称を変更します。また、MRJシリーズは今後、100席弱の少し大きめの機体を加え、「スペースジェットファミリー」として展開していく方針です。

スペースジェット塗装では初参加

前回の2017年に行われたパリ航空ショーではローンチカスタマーであるANA(全日空)塗装の実機が持ち込まれましたが、今回は初めてスペースジェット塗装の実機展示が行われます。

これまでのMRJ塗装では、白地に黒・金・赤が特徴的でしたが、新たなスペースジェット用の塗装では、黒に代わり青が配色され、尾翼の赤部分には水の波紋の模様が細かく施されていて、より和を強調したデザインになっています。

今回の展示会では、ボーイング(Boeing)が787-9型機を、エアバス(Airbus)が最新のワイドボディ旅客機A350-1000、A330neoなどを展示します。

パリ滞在中の方は、是非訪れてみてはいかがでしょうか。
※ローンチカスタマー:新たな航空機の製造開発を航空機にメーカーに踏み切らせるだけの発注を行い、開発を支える顧客

執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン