第4回世界最優秀フロマジェコンクールで日本人が3位

2019.06.03
Download PDF

2日(日)、フランス中部に位置するトゥール(Tours)で、第4回国際チーズ・乳製品見本市(le Mondial du fromage et des Produits Laitiers)が幕を開けました。初日に行われた、チーズを扱う職人であるフロマジェ(fromager/ère)の世界最高峰を決める、世界最優秀フロマジェコンクール(Concours Mondial du Meilleur Fromager 2019)で、日本人が見事3位に輝きました。(写真は2017年開催時のもの)

 

国際チーズ・乳製品見本市

今回で4回目となった国際チーズ・乳製品見本市は、世界中の優れたチーズを紹介するだけでなく、生産者同士の情報交換の場、新製品の発表の場、生産者と販売業者・消費者が直接出会うことによる新たな販売経路の獲得など、チーズ業界全体を盛り上げる目的で、2013年から2年に一度開催されています。今年は世界から、フランスを始め、日本やイタリア、ドイツ、アイルランドなど35カ国が参加しています。(動画は2017年開催時のもの)

日本からも多くのバイヤーが

この見本市には、世界中から多くのバイヤーが集まってきますが、とりわけ、ロシア、中国や日本を始めとするアジア諸国などでは、経済の発展と共にフランス産チーズへの需要が急激に高まっていて、特にアジア諸国からのバイヤーが目立ちます。アジア諸国、特に中国は、フランス産チーズにとって、今後大きな市場となることが期待されています。

フランスは、チーズ産地の数では世界1位

フランスのチーズ生産量は、アメリカ、ドイツに次いで世界第3位ですが、産地(テロワール/terroir)の数としては世界1位を誇り、2位以下はイギリス、イタリアと続きます。

一方で、イギリスでは新しいチーズなどが次々と誕生して、今回の見本市にも斬新でユニークなチーズが数多く出品され、人々に受け入れられるかの市場調査の場として期待されています。

 

世界最優秀フロマジェコンクール

見本市の初日には、世界最高峰のフロマジェを決めるコンクールが行われ、日本から参加した鈴木裕子(ひろこ)さんが、見事第3位に輝きました。

フロマジェとは、チーズ生産者、もしくはチーズを扱う職人、チーズ屋を指す言葉で、このフロマジェコンクールはチーズを扱う職人の腕を競うコンクールです。9か国から11名の選手が参加し、日本からは、1月27日に行われた第2回日本最優秀フロマジェ選手権大会で優勝し、出場権を獲得した鈴木裕子さんと同選手権2位の葛石(かっせき)朋子さんが参加していました。

<出場者(国名五十音順)>
🇺🇸 Jordan EDWARDS (アメリカ)
🇺🇸 Rory STAMP (アメリカ)
🇬🇧 Nick BAYNE (イギリス)
🇦🇺 Aurora GHIGO (オーストラリア)
🇳🇱 Evert SCHÖNHAGE (オランダ)
🇨🇦 Andrew MOULTON (カナダ)
🇰🇷 Eunju KIM (韓国)
🇯🇵 鈴木 裕子 (日本)
🇯🇵 葛石 朋子 (日本)
🇨🇵 Virginie DUBOIS-DHORNE (フランス)
🇲🇽 Cesar OLIVARES (メキシコ)

審査方法

午前中に「回答選択式の筆記試験(30分)」「チーズの産地や名前、熟成時間などを当てるブラインドテイスティング(10分)」「秤を使わずに様々なチーズを所定の重さにカット(5分)」「自分が用意したチーズに関するスピーチ試験(5分)」が行われました。

午後には、4時間を通して5つの項目が審査されました。(課題の日本語名は日本最優秀フロマジェ選手権大会に準じます)

審査課題 制限時間 内容
①チーズの盛り合わせ
Assiette de fromages
最初の1時間まで 指定された5種類のチーズを使い、最大40㎝×40㎝の皿に、食材と共にチーズを盛り合わせる。
➁味のマリアージュ
Mariage de goûts
指定された1種類のチーズを使って、自身が選んだ食材との味の調和を提案する。6皿制作する。
③チーズの仕込み
Préparation fromagère
開始後2時間まで 指定された1種類のチーズと、トゥールの市場で仕入れた生鮮食品のみを使ってチーズの仕込みを6人前行う。
④チーズプラトー
Plateau de fromages
開始後4時間まで 「チーズ職人の独創性」をテーマに、用意されたチーズを使って最大100㎝×100㎝の台に自由に制作。
⑤アーティスティックカット
Découpage et présentation
最大50㎝×50㎝の台に、用意された最大10kgのチーズを使って、芸術的にカットしていく。

このコンクールでは、2013年に行われた第一回大会で、日本人の村瀬美幸さんが初代の世界チャンピオンに輝きました。

この見本市は明日、4日まで開かれていて、この他にも世界最高のチーズを決める「国際『製品』コンクール(Le Concours International “Produits” )」も開催されています。こちらのコンクールは、会場を訪れた人は審査員を務めることができます。フランスに滞在中の方は、是非審査員になって世界最高のチーズを選んでみてはいかがでしょうか。

詳しくは→le Mondial du fromage et des Produits Laitiers 公式ページ←でご確認ください。

執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン