エッフェル塔での花火が市民を恐怖に陥れた?!

2017.10.25
Download PDF

22日(日)深夜、エッフェル塔(la Tour Eiffel)の足元で打ち上げられた花火によって、市民が恐怖の一夜を過ごすという珍事が起こりました。

花火は、日曜日から月曜日にかけての深夜、動画配信サービス「Netflix」によって製作されているドラマシリーズ「Season8」の最終話用に打ち上げられました。しかし、花火を用いての撮影は非公開だったため、10月の終わりに突然4分間にわたってパリに響き渡った爆発音に、銃器や爆発物によるテロ攻撃ではないか、と心配する声がSNS(ソーシャルネットワークサービス)上に相次ぎました。

花火を連続で打ち上げる音が、マシンガンを打ち鳴らす音に酷似していたことも、市民の不安をあおる大きな要因にもなりました。その後、エッフェル塔付近にいた人たちが投稿した花火の映像を見て、市民は、落ち着きを取り戻しました。

https://twitter.com/AlexDury/status/922223918894723072

 

楽しいはずの花火が市民をテロの恐怖に陥れる、という、なんとも笑えないお騒がせ事件でした。

執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン