朝からやられる!? 油断できない日“Poisson d’avril”

2018.04.01

Poisson d'avril

4月1日はエイプリルフールですね。フランスでは Poisson d’avril と言います。その名のとおり「4月の魚」という意味です。

フランスでは魚にちなんだかわいいイタズラをします。私の思い出話をしたいと思います。

 

Poisson d’avrilの思い出話

目覚まし時計が鳴る。 “Matthieu, il faut te lever ! ”(マテュ―、あんた起きなさいよ!)と母がまだ眠い私に容赦なく二階から呼ぶ。

ぎりぎりまで待って、やがて起きて、 J’ai pas envie d’aller à l’école…”※1 (学校行きたくないなあ…)と思いながら、機械的にバスに乗る。

まだ気が付かないうちに中学校に辿り着く。校庭で仲間と話しを交わす。

“T’as pas vu ? T’as un poisson dans l’dos !”※2 (お前知らないの?背中に魚ついてるぜ!)と言われて、やっと気が付く。

今日はその日かよ~、と自分の鈍感さを反省する。おまけに朝からやられるのか?!と思いながら、背中をチェックする。

あれっ? Mais y a rien ! ”※3(なんにもないじゃん!)

友達が  C’était une blague ! ”(冗談だよ!)と笑いながらあやまる。チャイムが鳴って第一時限が始まるから、「さ、行こう」と友情たっぷりに背中を優しくたたいて言う。

しかし友人は油断していた私の背中に、魚の形のした紙切れを見事に貼る。気づくのは、夜家に帰ったときだったりする・・・

 

だまされないように!

こうやって、毎年の4月1日 le premier avril は油断できない日だと身をもって学んできた。

フランスでは、その日に怪しい噂はもとより、ニュース、記事などをまず疑うのは常識だ。これからも、だまされないように、気を付けたいと思う。

編集部注:(※)は口語表現です。正しい表現はそれぞれ
※1  Je n’ai pas envie d’aller à l’école… 
※2  Tu n’as pas vu ? Tu as un poisson dans le dos ! 
※3  Mais, il n’y a rien ! 
です。

執筆 Matthieu
※上記の日本語はMatthieu先生が書いたものに一部修正を加えたものです。
日本語が堪能なMatthieu先生は、レッスンでも日本語可能です。ぜひ一度お試しください。(スタッフ)

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン