2月2日にクレープを食べる訳は!?

2017.02.02

祝日「シャンドラー」にはクレープを食べる

Aujourd’hui, je vous présente la fête religieuse, “La Chandeleur”.
今日は祝日「シャンドラー」の紹介です。(祝日と言ってもお休みではありません^^;)

 

シャンドラーにはクレープを

シャンドラーの語源

“La Chandeleur” se fête le 2 février.
Le jour est marqué “Présentation” sur le calendrier. 
C’est le jour de la purification de la Vierge, où Jésus a été présenté au temple.
シャンドラーは2月2日にお祝いします。
この日はカレンダー上でプレザンタスィオンと記されています。
イエスを教会に紹介され、マリアが清められた日です。
ちなみにシャンドラーはla chandelleシャンデル(ろうそく)という言葉からきていて、
日本語のシャンデリアはle chandelierシャンドリエ「燭台」のこと。フランス語だったんですねー。

クレープを食べる日

Curieusement nous avons l’habitude de manger des crêpes ce jour-là en France,
même les familles non-pratiquantes sont contentes d’en manger,
comme nous les japonais, on mange des grains de soja pour Setsubun.
なぜかお祝いにクレープを食べる日で、宗教心の薄い一般家庭でも食べるのを楽しみにしています。
ちょうど日本人が節分に豆を食べる感覚です。

ローマ時代からの習慣

Apparemment cette coutume n’a rien à voir avec l’histoire de Jésus, cela remonte à l’époque romaine.
En mangeant la crêpe qui évoque le disque solaire, on fêtait l’arrivée du printemps à la Chandeleur.
このクレープを食べる習慣はキリスト生誕とは関係なく、ローマ時代までさかのぼります。
シャンドラーの日には太陽の形に似たクレープを食べる習慣とともに春の訪れを祝いしていました。

一年の金運を占う

Et voilà, je termine toutes ces histoires compliquées et je vous laisse vous amuser à faire des crêpes !
Une dernière précision; si vous arrivez à bien faire sauter votre crêpe avec une pièce dans la main, vous vous assurerez la prospérité pour toute l’année.
Bon courage ^^ et attention au plafond !
難しい話はこのくらいにして、クレープ作りを楽しみましょう!
おっと、もう一つだけお約束;フライパンを持つ手に金貨を握りクレープを上手にひっくり返すことができたら、1年金運に困らないのだとか。天井にくっつかないように、がんばれ~^^

 

まとめ

・・・願掛けも一緒に、大勢でワイワイ言いながらクレープパーティをすれば
盛り上がること間違いなしですね。ボナペティ!

執筆 Ayako

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン