フランスで「たくさん」を表す数字とは?

2017.09.23
Download PDF

たくさんを表す数字

今回のお題はクイズのようなもの、しかも勘で答えていただくしかない!でも知っておくとフランス人に「おぉ!」と一目置かれそうな一言です。さて、フランスでたくさん(beaucoup)を表す数字とは何でしょう?

 

理由は不明だけど

答えは何?

数字は星の数ほど、というか無限にありますね。ヒントは:50より下で、同じ数字を2つ掛けたもの
(●×●=◎)候補は8つに絞られましたね。正答の確率は8分の1!さあ気になる答えは・・・

★★ 36 ★★(trente-six)

Pourquoi ? うーん、いろいろ調べたのですが、「コレ!」という説明にはまだ出逢えていません。ただ、2つのサイトで以下の表記を見つけたのでコピペしますね。

– Le nombre 36 est parfois synonyme de “beaucoup”.

– trente-six : nombre utilisé pour désigner
un grand nombre indéterminé.

理由はともかく、この「36」が入った使えるフレーズがこちら!

Il n’y a pas 36 solutions.

「そんなにたくさんの解決策は無いよ」という意味です。

” beaucoup de solutions ” の代わりに「36」を入れるだけで、ぐーっとフランス人っぽい自然な言い方に変わっちゃいます!是非フランス人の前で試してみてください。ただし、副詞として使われる「beaucoup」とは交換不可能ですよ〜。

例えば、Il travaille beaucoup. → Il travaille 36. とはなりませんのでご注意を!
厳密に言うなら、36 = beaucoup de ですね!

さらに、フランス人に聞いたところによりますと、この「36」が「beaucoup de」の意味を表すのは否定文のみだそうです(これは私も注意していませんでした〜)!なので、

Il n’y a pas 36 solutions = そんなにたくさん解決策はない。ですが、

Il y a 36 solutions = 解決策が36ある。となり、「たくさん」という意味では解釈されないそうです。

 

あとがき

なるほど、奥が深い(汗)!  改めて重要なポイントを整理しますと、36は「否定文」において「beaucoup de」の意味を持つ。これで大丈夫でしょう!

執筆 Miwa

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン