「A+」「svp」…暗号みたいな略語を覚えてフランス語のチャットやメールをより楽しく!①

2020.08.19
Download PDF

スマホを見る女の子

フランス語の文章をパソコンやスマートフォンで打つのってちょっぴりめんどくさい。アクサン記号があるし、単語が長いし……なーんて思っているのは私たちフランス語学習者だけではないようです。フランス人のメールやSNSを覗いてみると、面白くて簡単に打てる略語がいっぱい!

今回はわかると楽しい、使えると嬉しい、チャット言葉をご紹介します。わかった人はそっと挙手!心の中で答えながら、楽しくみてくださいね。C’est parti !

 

チャットで使われる略語の数々

まずは一番よく使われる簡単なものから!

SVP、これはなんとなく分かるのではないでしょうか?  そう、S‘il vous plaît.(お願いします)の略なのです。とてもシンプルな略語なので使いやすいですね。フランス人はメールやチャットで頻繁に使います。

同じく三文字で表す、BjrBonjour (こんにちは) SltSalut (こんにちは) Dsl = désolé(ごめんなさい)や Rdv = rendez-vous (約束)といった略語もあります。

記号が登場しましたよ!

A+はどうでしょう?こちらは、 À plus tard. / À plus.(またね)の意味。plus をそのまま記号の「+」に置き換えてしまうパターン。メールの締めによく見られます。

他にも、TwitterなどのSNSでしか見られませんが、 @(arobase)を使った @tt = À tout à l’heure (後でね、またね)というものも。一見、どうして「t」が二つなの?!と思うかもしれませんが、こちらを発音するとリエゾンされるので、「アトゥタルー」に。発音したときに聞こえる「a」と「t」を取り出したことになります。

それにしても記号が入ってくると、暗号のようでなんだかワクワクしますね…。

数字まで登場するなんて!

実際にはあまり使われませんが、数字や記号を組み合わせた面白い略語があるので紹介してみます。例えば、 @ 2m1。こちらは À demain(明日ね)の意味。@(アットマーク)が À の代わりに使われ、deux(2)とm(マ)、un(1)が組み合わされ、アドゥマンの音そのものを表現しています。

他にも、@l1di = à lundi(月曜日にね)という表現も。

なるほど、作り方がちょっとずつ分かってくると、クイズのようで面白いですよね。

まるで秘密の暗号!フランス語のSNS略語

一見暗号のような略語ばかりですが、声に出して読んでみたり、ちょっと考えると「なるほど!うまいこと考えたな」と思うようなものばかりですよね。それぞれのフレーズの音をアルファベや数字、記号で表現しているという点が面白いのです。まるでアートのようなこの略語、種類はまだまだありますのでぜひ楽しみながら覚えてみてください。

また、これらの略語は親しい人とSNSやチャット上でのやり取りで使うものですので、使う相手、場所には気をつけてくださいね!

ということで、A b1to♡(またね)。

執筆 YONNE

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン