エールフランス 2月21日から毎週金曜?ストライキ

2020.02.20
Download PDF

エールフランス スト2020

2月20日(木)、エールフランス航空(Air France)の複数の組合が明日2月21日(金)からストライキに突入します。フランス国内線など近距離便を中心に、フライトキャンセルや遅延のため空のダイヤが乱れそうです。

 

パイロット、ベースアップ3%に不服

今年の春闘でベースアップ(基本給の引き上げ)交渉中のエールフランスおよび子会社のローコスト航空オップ(HOP!)のパイロット組合(Syndicat National des Pilotes de Ligne:SNPL)は、会社側が提示したベースアップの3%を却下し、2月24日(月)に第一回目のストを行うと発表しました。

さらに会社側が要求を受け入れない限り、28日(金)より毎週金曜日にストを行うと予告しています。

組合は特に「ローコスト航空HOP!のパイロットの労働条件の改善」を目指して交渉に臨んでいます。

ラ・トリビューン(La Tribune)紙によると、「会社側は3%のベースアップ、つまり年間550万ユーロ(約6億6500万円/1ユーロ=約120円)の人件費増額を提示」した模様ですが、組合側はその倍を要求しており交渉は難航しそうです。

 

エールフランス国内線、今週末スト

主にパリ・オルリー(Orly)空港と地方空港を結ぶフランス国内線の従業員が加盟している5つの組合も、明日21日(金)と翌22日(土)の2日間ストを行います。

 

希望退職による正社員減

組合側は「エールフランスは近年希望退職を募ることで徐々に正社員を減らし、業務を下請けに移行して組織を縮小している」と警鐘を鳴らしています。

昨年9月の希望退職者の募集では、約3000人の社員中465人が応募しました。応募者は今年の3月末で退職します。

エールフランスおよびHOP!オフィシャルサイト(英語)はこちら

執筆:マダム・カトウ

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン