セーヌ川増水 ピークを越えるも依然危険な水位を維持

2018.01.29
Download PDF

パリの中心を流れるセーヌ(La Seine)川が、数日間続いた豪雨のために水位の上昇し危険なレベルに達していましたが、増水のピークは越えたとみられています。

増水したセーヌ川、パリ市庁舎付近

橋げたがほぼ水没するほど増水しているセーヌ川、パリ市庁舎付近

セーヌ川は先週、通常よりも水位が5メートル上昇したため、周辺の道路や歩道が閉鎖され、またルーブル美術館の一部やRERなども閉鎖されています。既に雨はやんでいるため、月曜日以降水位は次第に下がるとみられていますが、依然として危険なレベルを保っています。

水没した街路樹や街路灯

水没した歩道や街路樹、街路灯

セーヌ川は1910年の1月28日に、2週間続いた豪雨のために水位の上昇が8.6メートルに達する大洪水に見舞われ、セーヌ川周辺の大部分が浸水する経験があり、当時と比較すると今回の被害はそれほどではない、と多くの市民は楽観的に見ています。

しかし、パリではこの2年間で2度もセーヌ川の著しい水位上昇を記録していることから、気候変動による異常気象によるものではないか、という声も出ています。

増水により水没したアルマ橋のズアーブ兵像と、それを眺める人々、エッフェル塔付近

(写真提供:Dominique QUEMENEURさん)

危険な状態が続いていることから、パリ滞在中の方や渡航を予定されている方は充分な注意が必要です。
※写真を追加し、一部内容を修正し再配信しました(2018.1.30)

執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン