国際ノーストローデー 今週土曜日に世界各国で

2018.01.31
Download PDF

今週土曜日(2月3日)、パリを含む世界の主要な都市で、国際ノーストローデー(Journée internationale sans paille)が行われます。

これは、ストローの使用をなくす取り組みをしているフランスの団体「Bas Les Pailles」が企画しているもので、この日一日だけでもストローの使用を世界的にやめようという運動です。

Journée Internationale Sans Pailles(画像をクリックするとBas Les Pailles のHPへ飛びます)

現在フランスでは、ファストフード店だけで一日およそ1,000万本ものプラスチック製ストローが消費されていて、環境への影響が懸念されています。廃棄されたプラスチック製ストローは焼却処分されるか、そのまま埋め立てられます。自然界に放置されたストローは分解されることはなく、また焼却処分で出るCO2も気候変動に大きな影響を与えていると言われています。

Bas Les Paillesのボランティアは、パリのマレ地区などの飲食店でストロー使用を控えるように呼び掛けています。代表のムニア・エル・コトゥニ(Mounia El Kotni)氏は「ストローはフランスの海岸で最も多い10のゴミの一つだ」と述べていて、「本当にストローが必要なのか」と問いかけています。更に、ガラス製やステンレス製の再利用できるストローへの転換も提言しています。

今週土曜日、私たちもストロー使用を控えてみてはいかがでしょうか。
Bas Les Pailles のホームページは→こちら←

執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン