覚えておくと便利!名詞が形容詞になる⁈

2018.04.17
Download PDF

この店の看板料理は?

先日、フランス人の友人とレストランで食事をしました。
そのときに、メニューを見ながら友人が言ったフレーズがこれ。

Le ravioli de homard est le plat signature de ce restaurant !
(オマール海老のラヴィオリはこの店の看板料理だ!)

この中の ” le plat signature(=看板料理)” という言葉がとても印象に残りました。自分でも意識せずに使っていたのですが、そういえば “plat” も “signature” も、両方とも名詞ですよね。しかも、女性名詞 “signature” には冠詞がついていないのです!

そこで、覚えておくと便利な「形容詞化する名詞」の例をいくつかご紹介しましょう。

 

以外に多い「形容詞化する名詞」

自家製フライドポテト

大学院で冠詞を研究した身としてはなんともむず痒い例ですが、このように「形容詞化する名詞」はけっこうあります。・・・・・・厄介ですか? いいえ、これは覚えておくとお得なんです!
なぜなら形容詞として使われる名詞は、修飾する名詞の性と数に一致させる必要がなく、名詞の後ろに無冠詞でポンと置くだけで使えるから。

例えばレストランで

les frites maison (自家製フライドポテト)

よく目にする表現です。” 名詞 + maison “ で「自家製の・手作りの◯◯◯」を意味するので、知っておくと非常に便利です。

ちなみにフライドポテトといえば、フランス人は大好き!大量に食べますから、レストランでは冷凍ものを使うケースが増えてきています。そんな中、メニューに ” les frites maison ” と書いてあると、フランス人は皆、「おお、ここは手作りにこだわる本格的なお店だ!」と感心するわけです。
今や自家製フライドポテトは偉大な存在(⁈)といえますね。

日常的によく使われる表現

un cadeau surprise (サプライズプレゼント)

” 名詞 + surprise “ で「サプライズ◯◯◯」となります。
いろんな場面で使えそうですね。こちらもぜひ覚えておきましょう!

 

まとめ

このように「形容詞化する名詞」は身近にたくさん潜んでいます。
名詞の後ろにくる単語に目を凝らしてみてくださいね。すべて形容詞だと思っていたら、実は名詞もけっこうあった!という発見があるはずです。

執筆:アンサンブルアンフランセ講師 Miwa

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン