” La mayonnaise prend ” って日本語でどういう意味?

2017.08.06
Download PDF

マヨネーズを作る

今回の一言フランス語はなかなか面白い表現です。タイトルにもありますように・・・
La mayonnaise prend

 

「マヨネーズが固まる」とどうなる?

マヨネーズの作り方

「prendre」の訳で最初に思いつくのは「〜を取る」ですよね?でもこのフレーズには「〜を」にあたる直接目的語がありません。じゃあいったいどういうこと?実は辞書をよ〜く見てみると、prendreには自動詞として、「固まる」という意味もあるんですね〜。

したがって「La mayonnaise prend = マヨネーズが固まる」となります。”durcir”だとカチコチに固まるイメージなので、マヨネーズには使えませんね。

もう一つの意味

さて、”La mayonnaise prend”の意味がわかったところで、このフレーズが表す「慣用句としてのもう一つの意味」は何でしょう?というのが今回のテーマです。

マヨネーズを手作りしたことがあるという方、完成までの行程を頭に思い浮かべてください。卵黄とお酢を混ぜたものはまだ液状なのですが、少しずつオイルを垂らし勢いよく撹拌して・・・卵液がクリームのようにまったりとしてきたら、マヨネーズが固まり始めているという証拠です!あとはオイルを足しながら混ぜ続けるだけ。

そうです、”La mayonnaise prend”というのは、後の行程がうまく行き始めるということ、つまり事態が好転するという意味でも使われる慣用句なんですね〜。シンプルな単語を用いて表現できるので、覚えておくと便利な一言です。

ちなみにマヨネーズの作り方は?

実はマヨネーズ作りは失敗することも多いんです。どんなにかき混ぜても液体のまま固まらない・・・私も何度か卵黄を無駄にしたことがあります。

そこで、上のような悲しい失敗を避けるためにも、astuces(アスチュス=コツ、秘訣)をお教えします

① 卵は常温にしておく(冷たいと固まりません)
② 卵黄と酢をよ〜く混ぜ合わせる
③ 油は少〜しずつ足していく

それでも固まらないという場合、最終手段はこれ!「冷たい水をスープスプーン一杯加えて混ぜ直す」

 

あとがき

それでもダメなときは・・・?諦めてください(涙)。まあ①〜③を実行すればほとんどの場合は成功です!添加物や保存料ゼロの、美味しい手作りマヨネーズ、皆さまもご家庭で是非お試しあれ。(ただし日持ちはしませんが・・)

執筆 Miwa

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン