フランスで有名な定番お菓子は?隠れた人気「パンのおやつ」もご紹介

2019.03.01
Download PDF

いちごケーキ美食の国フランスのお菓子は見た目も美しくおいしいものばかりです。では、普段フランス人が好んで食べているお菓子にはどのようなものがあるのでしょうか?大人気の定番お菓子や意外と知られていないシンプルおやつ、そしてフランスのおやつ事情についてご紹介します。

 

フランスで大人気の定番お菓子は何??

日本のお菓子屋さんでは必ずと言っていいほどシュークリームを見かけますよね。フランス菓子の定番だと思っていたのですが、実はフランスでシュークリームにお目にかかることはなかなかありません。フランスで定番のお菓子と言えばエクレアで、どこのお店にも置いてあります。同じシュー生地を使ったお菓子ですが、上にグラッサージュと言われるコーティングがされています。味はチョコレート、バニラ、カフェと3つあります。

またフルーツを使ったタルトもフランス菓子の定番で、リンゴ・いちご・フランボワーズ・ブルーベリーなどがあって見た目も華やかです。中でもリンゴのタルトはとても人気で、常時お店に置かれています。フランスでは一年を通して安定して美味しいリンゴが手に入りやすく、りんごのタルトはフランスの子供たちが大好きなお菓子の代表といえます。

 

フランス人が大好きな「パンのおやつ」!

ショコラフランスと言えばパンが美味しいことで有名ですが、フランス人が「これ美味しいよねー!」といって昔から愛しているパンのおやつがあります。それは、パン屋さんで買ったバゲットに板チョコを割ってサンドイッチするだけのシンプルなものです。

バゲットのほのかな塩味とチョコレートの甘味、パリッと焼けた皮、そして柔らかいバゲットの中に硬いチョコレートというバランスが絶妙です。これとは別にチョコレートが少しだけ入っているパン オー ショコラ (pain au chocolat) というものもあります。しかし、バゲットに自分で好きなだけチョコレートを挟んで食べていただくほうが満腹感がありお勧めです。これもパンが美味しいからこそのおやつと言えるでしょう。

一昔前はパン屋さんのレジ横に棒状のチョコが売られていましたが、最近はあまり見かけなくなりました。しかし、このバゲット板チョコを食べている人をみると、「これ美味しいよね。昔、よく食べたわ。」という人が多いので隠れた定番おやつなのかもしれません。

 

日本と違う!フランスのおやつ事情とは?

美味しい物に対する好奇心は、フランスも日本も共通ですが、おやつ事情は少し違います。なんとフランス人のおやつの時間は、夕方4時と決まっているのです!そして、4時前におやつを食べることに抵抗を感じている様子が見えます。「まだ4時ではないからおやつはダメ。」なんていうフランスママさんの言葉を何度も聞いたことがあるほどです。

飲食店が朝から夜まで開いている日本と違い、フランスのレストランは昼のランチタイム、夜のディナータイムの間は閉店しています。だからでしょうか、食事の時間をずらすことに後ろめたさを感じている雰囲気があるのです。

そして、おやつは甘いものを食べるのが基本です。この時間に日本のおせんべいのようなものを勧めてもフランス人は受け付けません。「塩系のものは、アペリティフの時間にね。」と言われてしまいます。国が違うとおやつ事情も変わって面白いですよね。

 

まとめ

今回はフランス人の生活に密着したお菓子と、定番おやつについてリポートいたしました。意外とシンプルなお菓子が人気ですが、いつまでも変わらぬ美味しさが長く愛される秘訣なのかもしれませんね。

執筆 YUKO

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン