大統領最有力候補フィヨン氏の妻 総額90万ユーロ超を不正受給疑惑 フランス大統領選挙2017速報

2017.02.01
Download PDF

厳しい風刺で知られるフランスの週刊誌、ル・カナール・アンシェネ(Le Canard Enchaîné)が本日発行の同誌内で、共和党の時期大統領候補のフランソワ・フィヨン(François Fillon)氏の妻、ぺネロプ・フィヨン(Penelope Fillon)夫人が、議員秘書そして両世界評論(La Revue des deux mondes)紙の給与として、総額で90万ユーロ(およそ1億1000万円 / 1ユーロ:121円計算)を超える金銭を不正に受け取っていた、と報じました。また、夫婦の二人の子供も、議会秘書の給与として84,000ユーロ(およそ1,020万円)を得ていたとも報じています。

1月25日(水)付けの同誌で、ぺネロプ夫人がフィヨン氏の議員秘書として、勤務実態がないにもかかわらず総額で50万ユーロ(およそ6,100万円)を公金から給与として受け取っていたと報じられたばかりですが、更に金額が増え、フィヨン氏は説明を迫られることになります。

フィヨン氏は31日(火)、ル・カナール・アンシェネ誌に対して、「非常にプロフェッショナルな中傷を被った」と述べていますが、次期大統領最有力候補として注目を集めているだけに、フランスに衝撃が走っています。

執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン