夫人の金銭不正受給疑惑で揺れるフィヨン候補 決意を新たに フランス大統領選挙2017速報

2017.02.13
Download PDF

共和党の時期大統領候補のフランソワ・フィヨン(François Fillon)氏は12日(日)、インド洋のフランス海外県、レユニオン(île de la Réunion)にある第3の都市、サン・ピエール(Saint-Pierre)でおこなわれた政治集会で、「私は最後まで闘いぬく」と決意を表明しました。集会でフィヨン氏は「現在私は24時間絶え間なく攻撃を受けている。しかし、数えきれないほどの支援を得ている。私の政策はフランスを立て直す、唯一の方法である。」と述べました。

また、「私は左派勢力と闘っている。不可能を夢見るブノワ・アモン(Benoît Hamon)は、その夢を実現することはできない。また、エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)も同じだ。」と左派の両氏をけん制しました。

フィヨン氏は現在、妻ぺネロプ(Penelope)夫人の90万ユーロ(約1億1,000万円)に及ぶ金銭不正受給疑惑をかけられています。

執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン