フランスのロゼッタストーン?謎の文字解読に賞金

2019.05.13
Download PDF

8日(水)以降、フランス北西部のブルターニュ地方(Bretagne)の更にその先端、フィニステール(Finistère)県のプルガステル=ダウラ(Plougastel-Daoulas)村では、数年前に海岸で見つかった数世紀前のものとみられる、文字が刻まれた石が注目を集めています。村はこの文字を解読できた人に対し、2,000ユーロ(およそ24万7000円/1ユーロ:123円計算)の賞金を払うとしています。(写真はエジプトのロゼッタストーンの複製)

 

およそ300年前の石が発見される

今回話題となっている石は、フィニステール県のプルガステル=ダウラ村のカロ岬(Pointe du Caro)の海岸で数年前に見つけられたもので、石には文字が刻まれています。


石の存在が明らかになったのはつい数年前で、石は300年ほど前の18世紀前後のものとみられています。

フィニステール県は潮の満ち引きの差が非常に大きいことで有名で、この石が干潮時にしか姿を現さなかったことから、最近になるまで発見されなかったということです。

フランス版ロゼッタストーン

今回のこの文字が刻まれた石は、フランス版のロゼッタストーン(仏:Pierre de Rosette/英:Rosetta Stone)として話題を集めています。

ロゼッタストーンとは、1799年にエジプトの地中海沿岸にある湾岸都市ロゼッタ(Rosetta/アラビア語:رشيد‎ 、ラシッド)で見つかった石板で、古代エジプトの都市メンフィス(Memphis/アラビア語:منف、マンフ)で、紀元前196年にプトレマイオス5世(仏:Ptolémée V/ギリシャ語:Πτολεμαίος Ε’ Επιφανής)によって出された勅令が刻まれています。

碑文は古代エジプトで使われていた、神聖文字「ヒエログリフ(Hieroglyph)」、民衆文字「デモティック(Demotic)」そしてギリシャ文字の三種類の文字で刻まれています。

現在のところ何語なのかわかっていない

プルガステル=ダウラ村で見つかった石に刻まれていた文字について、「バスク語(le basque、フランス南西部、およびスペイン北東部一帯のバスク地方で話されている言語)や古いブルトン語(le breton、ブルターニュ地方で話されている言語)ではないかという意見が出ているが、現時点では解読は出来ていない」と、ドミニク・カップ(Dominique Cap)村長は話します。

この石には、マストを張った船の様なものや、十字架を抱くハートなどが刻まれていて、更に「ROC AR B… DRE AR GRIO SE EVELOH AR VIRIONES BAOAVEL… R I 」「 OBBIIE: BRISBVILAR… FROIK…AL」、更に1786年、1787年という二つの西暦表記などが書かれています。

 

解読できた人には2,000ユーロ

プルガステル=ダウラ村は、この文字を解読するためのコンテスト「Mystère Champollion(神秘のシャンポリオン )」を開き、優勝した人には報奨金として2,000ユーロを支払うとしています。
※ジャン=フランソワ・シャンポリオン(Jean-François Champollion):ロゼッタストーンを解読した、フランスの古代エジプト学研究者

コンテスト開始3日で、ベルギーのブリュッセル(Bruxelles)やイギリスのリバプール(Liverpool)など世界各地から1,000通を超えるメールが寄せられているとのことです。

神秘のプルガステル=ダウラのロゼッタストーン。皆さんもこのコンテストに参加されてみてはいかがでしょうか。

コンテストは11月30日(土)まで
問い合わせ先:veronique.martin@mairie-plougastel.fr

執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン