「危険な横断の少年にビンタ」は「正当」、バスの運転手擁護の署名に27万件

2018.09.20
Download PDF

By Occitandu34 - Own work, Public Domain, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=10988460

先週、パリ郊外の南部、アルクイユ(Arcueil) で、学校の前の道路に飛び出した12歳の男子中学生にビンタをしたバスの運転手が、「暴力行為」で懲罰の対象になっていましたが、運転手を擁護する署名が27万件集まっています。

 

12歳の少年、バスの運転手に向かって「黙って運転してろ!」

9月13日、パリ郊外の南部ヴァル=ド=マルヌ県 (Val-de-Marne) のアルクイユのデュルシー・セプテンバー中学校(collège Dulcie-September)前の道路で、12歳の中学生が通行中の323番線のバスの前に飛び出し、バスは急停車しました。

運転手がこの少年を口頭で注意したところ、少年は「黙ってバス運転してろ!」と逆に運転手に悪態、怒った運転手はバスを降りて少年にビンタをし説教しました。

 

運転手がビンタ、ビデオがSNS拡散

この一連のシーンをビデオに撮った生徒がSnapchatに投稿したところ、100万回閲覧され、あっという間にSNSでフランス中に広まり、議論が巻き起こっています。ただ、ビデオには少年が道を横断してバスの前に飛び出したシーンや、急ブレーキを踏んで止まったあと、運転手が口頭で注意したシーンは写っていません。

パリジャン紙(Le Parisien)によると、ビンタされた中学生の母親は、警察で犯人不詳の告訴の手続きをしました。警察の事情聴取で少年は「バスに乗ろうと思って走って道を渡ったところ、クラクションを鳴らされ、運転手に黙れと侮辱された」と証言したようです。

運転手に「非」、処罰は不明

バスを運行するパリ交通公団RATP(Régie autonome des transports parisiens)の就労規律評議会にて、「公共サービス事業会社の原則に反する」として、運転手の非を認めています。しかしながら、運転手がどのような罰則を受けたかについては、発表されていません。

ビンタをした運転手の方は、この件があまりにも大きくメディアで取り上げられ、世間の注目を浴びたことに当惑してか、今のところ職場復帰していません。

 

27万件も運転手を擁護する署名集まる

先週末にはRATPの職員と名乗る人が匿名で、「優しく、もの静かで忍耐強い性格として職員の間で知られている」運転手を擁護する署名活動をメゾピニヨン(MesOpinions)という陳情書サイト上で開始したところ、昨日の時点で27万件の署名が集まっています。

運転手の同僚もテレビのインタビューで、「父親の感覚でビンタをしたと思う」と、運転手の行為を弁護しています。

 

不道徳、年々悪化ーバスの運転手の「無力感」

石を投げられたり、侮辱されたりと、パリ郊外の南部を走る323番線のバスの運転手たちの日常は楽ではありません。この路線を走る運転手カメル(Kamel)さんは「同僚に100%同情する。この手の無作法は日常茶飯事だ。特に中学生は集団で来るから要注意」と、子供たちの不道徳の現状を語っています。

運転手暦20年のエリック(Eric)さんによると、こういった不道徳行為が「年々悪化の一途」をたどって頻発しているせいか、運転手たちが受けた誹謗中傷や暴力的な行為は「窓ガラスが割れて保険の申請が必要な場合」を除き、ほとんど報告されることはないようです。

※画像はWikipediaよりお借りしました。

執筆:マダム・カトウ

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン