元老院選挙、右派勢力が過半数を獲得

2017.09.25
Download PDF

24日(日)、フランス元老院議員選挙(Elections sénatoriales)が行われ、348の議席のうち、半分の171議席が新たに改選されました。

改選の結果、右派勢力が議席を増やした一方、マクロン大統領率いる共和国行進(La République en marche)は勢いを保つことができず、6月の国民議会選挙の再来とは行きませんでした。171の議席をめぐって、1,996人の候補者が立候補し、そのうち、共和国行進は最大の208人の候補者を擁立しましたが、獲得議席数は23でした。

改選後の各会派の議席数は以下の通りです(24日21時現在)。
※上から下へむかって、右派・中道・左派。カッコ内の数字は改選前の議席数

Front National (国民戦線) 2 (0)
Les Républicains(共和党) 149 (144)
Union des Démocrates et Indépendants – UC(民主独立連合およびUC) 48 (42)
La République en marche(共和国前進) 23 (0)
Rassemblement Démocratique et Social européen(民主社会欧州連合)13 (17)
Groupe socialiste et apparentés(社会党系グループおよび中道・左派系)113 (120)
Communiste républicain et citoyen(共産党・共和・市民グループ) 9 (19)

未確定議席残り 1

フランスの議会は国民議会( Assemblée nationale)と元老院(Sénat)の2院制をとっています。日本の衆議院・参議院で一つの議会を構成するものとは異なり、それぞれが独立していて、両者の意見が分かれた場合は、最終的には国民議会で議決されます。

元老院の任期は6年、3年ごとに半数が改選され、選挙人による間接選挙によって選出されます。

執筆:Daisuke

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン