【フランス留学準備4】教育機関への応募プロセスは?

2015.12.04
Download PDF

前回まではフランス語学習について書いてきましたが、今回は「どうやって学校に応募するのか?」について書きたいと思います。

※フランス政府留学局のサイトによると、2015年11月16日以降システムが変更になるとのことですので、必ず最新の情報をご自身で確認してください!

 

応募のプロセス

あくまで2014-15年度までの例ですが、3ヶ月以上フランスの教育機関(大学・大学院・専門学校・語学学校など)で学びたい場合、次のようなプロセスを経る必要がありました。

1.  フランス政府留学局のサイトに自分のアカウントを作り、プロフィール・学歴・フランス語学習歴・志望先の学校・志望理由等の情報を登録する(フランス語または英語での記載が必要なので、早めに準備を進めることをおすすめします)
2. フランス政府留学局に手続き料の払い込みをする
3. フランス政府留学局で面接を受ける
4. 志望校からの結果を待つ
5. ビザ申請

ここで重要なのは、大学・大学院などへの正規留学の場合「自分で直接学校に登録することはできない」ということです。語学学校などの場合は、直接学校に登録申し込みをして仮登録証明書を受け取った上で、上記のプロセスを行うことになっていました。

早め早めの準備が大事!

自分で手続きができる人だとしても、必ず政府留学局を通して手続きをしなければなりません。とにかく早め早めに準備するのが良いと思います!

 

大学院は「指導承諾書」が必要

そして、ここからは大学院に登録する場合の話になりますが、修士課程2年(Master2課程)以上の学年に登録を希望する場合は、上記のプロセスの前に、指導希望教授から「指導承諾書」を得る必要があります。これをしないと、スタートラインに立つことすらできません。

では、どうすればその「指導承諾書」を受け取ることができるのでしょう? 日本での指導教授が、フランスの指導希望の教員と近い関係にある場合には、紹介してもらうことも可能でしょう。でも、そうでない場合はどうすればいいの? この続きは次回お伝えします!

⇒【フランス留学準備5】指導承諾書を得るメールの書き方・件名編

 

momo
執筆 momo

 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン