香水の都グラース2 豪華な邸宅のお庭でランチ!

2015.12.23
Download PDF

数々の名香水を生んだ、南仏が誇る「香水の都」Grasse http://www.grasse.fr/ のレポート第2回目です。知り合いのマダムのお宅に招かれ、美味しいお食事と共に楽しいひと時を過ごしました。今回もそのときの様子を写真と一緒にご紹介します。

 

多い南仏への移住者

都会での仕事中心の生活に疲れ、リタイヤ後は第2の人生を穏やかに過ごしたい、と南仏に引っ越してくるシニア層のフランス人が年々増え続けています。

パリをはじめとする大都会は刺激的で楽しく、お店も多く交通も便利ですが、緑が少なくアスファルトの道路やコンクリートのアパートだらけ。おまけに気候の面では冬が長く、寒いうえに天気が悪い日も続くので、安らぎを求めて南フランスに行き着く方が多いのです。私も老後は、日本の田舎と南フランスを行き来しながら自然の中でのんびり過ごす…という夢をひそかに持っています。

 

お待ちかねのランチ!

香水の都に住むマダムも、南仏での穏やかな暮らしを求めて都会を離れたお一人。マダムの豪邸にお招き頂き、楽しいアペリティフの後はお待ちかねのランチです^^

前菜はカプレーゼ

85

前菜はカプレーゼ。フレッシュトマトとモッツァレラチーズ、バジルのサラダ。マダムがお庭で育てたバジルが風味豊かでおいしい!トマトもオリーヴオイルも太陽の恵みをたっぷり受け、深い味わい。食べると自然に元気が湧いてきて、体の内側から綺麗になれそう!

メインは子羊のロースト

86

メインは(たしか)子羊もも肉のローストです。すごく大きい!そしてなんともいい匂いです…。

87

ムッシューが丁寧に切りわけてくれます。こういうのは男性の出番、分業制です!

塊で焼くとジューシーに!

フランスでは大勢にお肉料理を振舞う際は、大体お肉を大きな塊で焼き、食卓(やキッチン)で切り分けていただくという場合がとても多いですね。塊で焼いたほうがお肉が柔らかくジューシーな仕上がりです。ジャガイモなどもお肉と一緒に焼くと、肉汁を吸い込んでびっくりするほど美味しくなるんですよ~。

「あなたは大きいのがいい?」「レアがいい?」「よく焼けたの?」。皆の好みがわかるひとときです。

付け合せのお野菜とソースと共に美味しくいただきました♪

サラダ、チーズ、フルーツ…

こってりお肉料理の後はさっぱりサラダでお口直し。

やはり〆はチーズですね!このように沢山の種類をテーブルにどーんと並べ、好きなものを選んで少しずつお皿に取り分けます。

最後は美味しいフルーツを用意していただきました! どれも夏が旬の果物たち、とても美味しかったです☆

 

楽しい午後のひととき

食事の後はお庭のプールで泳いだり、昼寝したり、うたた寝している間うっかり蚊に刺されたり(汗…。楽しく穏やかな午後のひと時を過ごしました。バカンスはやっぱりこうでなくちゃ!

仕事に忙しく追われる都会での日常を、しばしの間忘れることができました。快くお宅に招きご馳走してくださった、優しく素敵なマダムに心から感謝です!

執筆 Miki

 

オンラインフランス語学校アンサンブルアンフランセは、プロの講師によるマンツーマンのスカイプレッスンが1回1500円~受講できます。いつでもどこでも手軽に受講できる利便性と生徒一人一人にカスタマイズされた質の高いレッスンが好評です。→フランス語無料スカイプ体験レッスンはこちら メールマガジンであなたのフランス語学習をサポートする情報をお届けします。フランス語メールレッスン